研修プログラム2のフォローアップ演習

研修プログラム2のフォローアップの内容を以下の項目に基づき説明します。

1)実践的な内容
2)フォローアップ演習の目的
3)フォローアップ演習の詳細
_*演習の内容
_*演習の効果
_*演習の実施方法
_*演習の費用
4)フォローアップ演習の実施について

1)実践的な内容

研修プログラム2で実施する理解度確認演習での問題は,社員研修で解説したことの理解度を確認するための内容(基本問題)です。
研修プログラム2の終了後に実施するフォローアップ演習での問題は,わかりやすい文書の書き方の総合的な理解を確認するための実践的な内容(応用問題)です。

2)フォローアップ演習の目的

フォローアップ演習の目的は,この応用問題を解くことで,「わかりやすい文書とはこのように書くのか」ということを学んでいただくことです。
すなわち,読み手の立場に立って文書の書き方を考えること,および,6つのルールと17の書き方の実践での使い方(仕事の中での使い方)を学んでいただくことです。

3)フォローアップ演習の詳細
■演習の内容

フォローアップ演習での問題は文書の修正問題です。A4判で書かれた文書を修正していただきます。
演習問題の一部を以下に示します。わかりにくく書かれている文書を,読み手の立場に立ってその修正方法を考えていただくとともに,「6つのルールと17の書き方」を使って,わかりやすい文書に修正していただきます。

3問出題します。これらは,“文書のわかりにくさ”がそれぞれ異なる3問(3パターンのわかりにくさ)です。

自然災害対策

主な自然災害対策として,以下の写真AからDで示した内容を以下にまとめる。
写真A:水や食料を備蓄する。ライフラインが止まっても自力で生活できるように普段から飲料水や非常食などを最低3日間以上備蓄しておく。
写真B:非常用持ち出しバッグを準備する。自宅が被災したときは,安全な場所に避難し避難生活を送ることになる。そのため,非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき,いつでもすぐに持ち出せるようにする。
写真C:家の中の安全対策をする。大地震が発生した場合には,倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり,けがを負ったりすることがある。大地震が発生したときには,「家具は必ず倒れるもの」と考えて防災対策を講じておく。

以下,省略
■演習の効果

演習の効果は,このような修正問題を解くことで,「わかりにくい文書とはどのようなものか(わかりにくい文書の一例)」がわかることです。
また,わかりにくい文書を読むことで,「わかりやすい文書を書く必要がある」ということが認識できます。

また,6つのルールと17の書き方を使ってわかりにくい文書をわかりやすい文書に修正することで,6つのルールと17の書き方の実践での使い方(仕事の中での使い方)がわかります。
実践での使い方(仕事の中での使い方)がわかれば,日々のオンザジョブトレーニングにもこれが応用でき,日々のオンザジョブトレーニング 注)の質も高まります。

注):日々のオンザジョブトレーニングとは,わかりやすい文書の書き方を使って,仕事で書く様々な文書(例えば,業務報告書,打合せ資料あるいはメールの文)を書くことなどです。

■演習の実施方法

*フォローアップ演習は通信教育形式で実施します。弊社から,演習実施の担当者の方に演習問題をメールでお送りしますので,担当者の方が,社員の方々に問題をお送りください。演習問題は3問お送りします。

*3問の中の1問は,わかりやすい文書の書き方に関する総括的な問題です。そこで,この問題については,修正結果(解答)に対するコメント(添削結果など)を作成します。修正結果(解答)を弊社までメールでお送りください。コメントと修正例(解答例)を一緒にお送りします。

*その他の2問は,問題と修正例(解答例)を一緒にお送りします。修正結果(解答)の送付は不要です。

*応用問題3問の他に,わかりやすい文の書き方に関する演習をご要望される場合には,「応用問題3問+わかりやすい文の書き方に関する問題(全22問)」をお送りします。

■演習の費用

研修プログラム2のフォローアップを行う社員の方の人数(添削者数),および,わかりやすい文の書き方に関する演習の有無によって費用が変わります。
そのため,これらが確定した段階で見積額を提示させていただきます。

4)フォローアップ演習の実施について

フォローアップ演習は,ご要望があれば,研修プログラム2の終了後に実施します。実施される場合には実施日(問題を送付する日)をご指定ください。
*日々のオンザジョブトレーニングの質を高めるためにも,研修プログラム2の終了後の早い時期に,フォローアップ演習を実施することをお薦めします。

研修プログラムのご依頼・お問い合わせはこちら

お電話でのご依頼・
お問い合わせ:
04-2924-9030

これまで,建設コンサルタント様,施工業者様,プラントメーカー様,物流会社様,セミナーや講習会に出席された方々などに対して,「わかりやすい文書の書き方」,「わかりやすい業務報告書の書き方」あるいは「わかりやすい答案の書き方」の講義を行っております。講義を受けていただいた方々から,講義内容に対して高い評価をいただいております。指導実績はこちら

このフィールドは空のままにしてください。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。

 

トップへ戻る