“6つのルールと17の書き方”とは

6つのルールと17の書き方とは,わかりやすい文書を書くための書き方です。

「6つのルール」とは

6つのルールとは,わかりやすい文書(読み手に内容が明確に伝わる文書)を書くうえでの書き方の考え方です。「主要なことを冒頭に書く」「ペアで書く」,「分けて書く」「集約して書く」「視覚的に書く」および「内容が明確に伝わる文を書く」の6つの考え方があります。

「17の書き方」とは

17の書き方とは,6つのルールに対する具体的な書き方です。6つのルールは考え方なので,これだけでは,わかりやすい文書(読み手に内容が明確に伝わる文書)を書くことができません。6つのルールに対する具体的な書き方が必要です。それが,17の書き方です。各ルールによって具体的な書き方の数は異なりますが全部で17の書き方があります。

表 「6つのルールと17の書き方」

ルール(考え方) 書き方と内容
ルール1 主要なことを冒頭に書く 書き方1 まず知りたいことを冒頭に書く
書き方2 目的を文書の冒頭に書く
書き方3 方針を文書の冒頭に書く
書き方4 手順を文書の冒頭に書く
ルール2 ペアで書く 書き方5 根拠を書く
書き方6 条件を書く
ルール3 分けて書く 書き方7 かたまりに分けて書く
書き方8 箇条書きで書く
書き方9 表で書く
ルール4 集約して書く 書き方10 組み合わせて書く
ルール5 視覚的に書く 書き方11 写真や図を入れて書く
書き方12 重要な内容を強調して書く
ルール6 内容が明確に伝わる文を書く 書き方13 具体的な内容の文を書く
書き方14 意味が明確な文を書く
書き方15 能動態の文を書く
書き方16 短い文を書く
書き方17 文法を守って書く

具体的な使い方

「書き方9:表で書く」を使って書く

【原文】
【液状化の発生を防ぐ工法の原理】液状化の発生を防ぐ工法の原理として,「土の性質改良」と「応力・変形および間隙水圧に関する条件の改良」があります。

前者としては,「密度を増大させる(締め固める)」,「液状化しない粒度の土に改良したり,混合材を注入したり混ぜたりして固化させる」,「飽和度を低下させる」があります。

後者として,「地下水位低下や盛土載荷により有効応力を増加させる」,「地盤を拘束して地震時に発生する繰返しせん断変形を小さくする」,「発生する過剰間隙水圧を速やかに消散させる」があります。

【書き方9を使って書いた場合】

表 液状化の発生を防ぐ工法の原理

  内容
◆土の改良 ①密度を増大させる(締め固める)。
②液状化しない粒度の土に改良したり,混合材を注入したり混ぜたりして固化させる。
③飽和度を低下させる。
◆応力・変形および間隙水圧に関する条件の改良 ①地下水位低下や盛土載荷により有効応力を増加させる。
②地盤を拘束して地震時に発生する繰返しせん断変形を小さくする。
③発生する過剰間隙水圧を速やかに消散させる。

「書き方13:具体的な内容の文を書く」を使って書く

【原文】
○○駅では,今回実施した対策で鉄道利用者の安全性が向上した。

【書き方13を使って書いた場合】

○○駅では,ホームドアを設置したことで,鉄道利用者のホームからの転落事故が起きなくなった。

研修プログラム1研修プログラム2研修プログラム3の中で,「6つのルールと17の書き方」について詳しく解説します。

技術者のためのわかりやすい文書の書き方(オーム社)の中で,「6つのルールと17の書き方」について詳しく解説しています。

研修プログラムのご依頼・お問い合わせはこちら

お電話でのご依頼・
お問い合わせ:
04-2924-9030

これまで,建設コンサルタント様,施工業者様,プラントメーカー様,物流会社様,セミナーや講習会に出席された方々などに対して,「わかりやすい文書の書き方」,「わかりやすい業務報告書の書き方」あるいは「わかりやすい答案の書き方」の講義を行っております。講義を受けていただいた方々から,講義内容に対して高い評価をいただいております。指導実績はこちら

このフィールドは空のままにしてください。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。

 

トップへ戻る