技術士第二次試験対策

技術士第二次試験対策

令和4年度での受験対策として, 技術士第二次試験での論文の書き方を解説します。論文の書き方とは,「採点者に解答が“明確に”伝わる論文を書くこと」と「明確に伝わる論文の書き方のパターンを事前に決めておく」ということです。主に,平成4年度に技術士第二次試験を初めて受験される方を対象としています。マンツーマン形式での解説です。

試験官に業務内容が明確に伝わるように「業務内容の詳細」を書いてください。業務内容の詳細は,自分の技術力を試験官にアピールする重要なプレゼンテーション資料です。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。

 

トップへ戻る