二重表現(重複表現)

「いにしえの昔の武士の侍が,山の中なる山中で,馬から落ちて落馬して,女の婦人に笑われて,赤い顔して赤面し,家に帰って帰宅して,仏の前の仏前で,短い刀の短刀で,腹を切って切腹した」

このフレーズを読んだり聞いたりしたことがある方も多いと思います。これは,二重表現あるいは重複表現の例として取り上げられる有名なフレーズです。

昨日,レポートを書いていましたが,その中で以下のような文を書きました。

 「・・・・各データごとに結果を整理する。・・・・・」

早速,ワードの「スペルチェックと文章校正」に引っかかり「重ね言葉」と指摘されました。

すなわち,「各」と「ごと」が二重表現(重複表現)でした。このようなチェック機能がなければ「各データごとに結果を整理する」という文を書いてしまったと思います。

これを修正すると以下のような文になります。

 「・・・・データごとに結果を整理する。・・・・・」
 「・・・・各データに対して結果を整理する。・・・・・」

ときどき使ってしまう二重表現(重複表現)に以下のような表現方法があります。何となく使ってしまい文や文章をチェックするとき「間違えた」と気が付きます。

 「施工に伴う路面の沈下量は約10mm程度であった」

「約」と「程度」が二重表現(重複表現)です。しかし,この文はワードの「スペルチェックと文章校正」に引っかかりません。ワード内では二重表現(重複表現)をどのようにチェックしているのでしょうか?

この文を修正すると以下のような文になります。

 「施工に伴う路面の沈下量は約10mmであった」
 「施工に伴う路面の沈下量は10mm程度であった」

ネットで二重表現(重複表現)を調べたら,以下のようなことが書いてありました。

【二重表現(重複表現)とされなくなった例】

◆一番最初/一番最後
◆〇〇感を感じる(例:違和感を感じる)

これらの表現方法はすでに市民権を得ているからだと思います。ちなみに,これらの表現方法はワードの「スペルチェックと文章校正」に引っかかり「重ね言葉」と指摘されました。

気が付かないで二重表現(重複表現)を使うこともあります。ワードの「スペルチェックと文章校正」に頼るだけではなく,表現方法に対して敏感になる必要があると改めて思いました。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る