業務報告書の作成を依頼されたとき気になること(その1)

弊社では,業務報告書の作成を依頼されることがあります。これは,依頼者が行なった業務(仕事)の報告書を弊社が書くことです。もちろん,弊社の専門分野での業務が対象です。

依頼された業務報告書を書くとき気になることがあります。それは,「依頼者の頭の中から業務の方針が抜けていることがある」ということです。

そこで,今回のブログではこのことについて書きます。

業務報告書を書く場合には,“わかりやすい業務報告書(読み手に内容が明確に伝わる業務報告書)”以下の手順で書きます。


手順1:依頼者が行なった業務内容を確認する(業務内容を掘り下げて理解する)。
手順2:業務報告書の構成を考える。
手順3:手順2の結果に基づき業務報告書を書く。


これまでのブログで何度も書いていることですが,伝えるべき内容を書き手が掘り下げて理解していることで“わかりやすい文書”を書くことができます。

したがって,依頼者が行なった業務内容を確認すること(業務内容を掘り下げて理解すること)でわかりやすい業務報告書を書くことができます。そのため,手順1は重要な作業です。

手順1の中では“業務の枠組み”を必ず確認します業務の枠組みの確認とは以下のことを確認することです。

*業務の目的を確認する。
*業務の方針を確認する。
*業務の手順を確認する。

この業務の枠組み(業務の目的・方針・手順)を頭の中に入れたうえで依頼者が行なったことを確認すると業務の内容が理解しやすくなります。

業務の枠組みを確認するうえで“業務の方針”は重要な内容ですが依頼者の頭の中から業務の方針が抜けていることがあります。

・・・続きは次回・・・

*次回のブログのテーマは「業務報告書の作成を依頼されたとき気になること(その2)」です。このブログの中で,「業務の方針が抜けていること」について詳しく書きます。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 具体化する(受験生を具体化する)具体化する(受験生を具体化する) 好きな言葉の一つに「具体化する」があります。   「具体化する」とは具体的にする(なる)ことです。具体化すると見えてくるものがあります。仕事をするときや仕事 […]
  • 新型コロナウイルス感染症の終息後に変わること新型コロナウイルス感染症の終息後に変わること 今日で4月が終わります。今月は,新型コロナウイルス感染症の国内での大流行で大きく揺れた1か月でした。 4月7日(火)に緊急事態宣言が7都府県に出され,政府から不要不 […]
  • 技術士第二次試験対策:口頭試験での注意事項技術士第二次試験対策:口頭試験での注意事項 口頭試験に臨む場合の注意事項にはいろいろあると思いますが,一番重要なことは,冷静かつ落ち着いて口頭試験に臨むことだと思います。   前回のブログで紹介した技 […]
  • 伝達力の品質向上伝達力の品質向上 技術者は,自分の技術力をお客様に提供することで,お客様から技術力に対する費用をいただきます。そのため,技術者に最も必要なものは技術力です。   技術力とは, […]
  • 危機管理とリスク管理危機管理とリスク管理 新型コロナウィルス感染症対策としてのワクチンの予防接種が本格的に始まりました。現在は,各自治体で実施する場合と国で実施する場合があります。また,65歳以上の高齢者が対象で […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る