デザインを考える(その1)

2018年11月29日に掲載したブログで,現在の「6つのルールと17の書き方」「バージョン3(Ver.3)」だということを書きました(こちら)。

「Ver.1とVer.2」の内容に基づく社員研修では,「デザインを考える」という内容を解説していました。「写真や図を入れて書く」という項目の参考の内容として解説していました。
*現在は,「デザインを考える」という内容を解説していません。

解説していた「デザインを考える」とは,「まとまりを持たせて書く」という内容です。

「まとまりを持たせて書く」という内容は,“デザイン・ルールズ”という本で学びました。
*デザイン・ルールズは,「これまでに読んだ本から(14冊目)」で紹介しました(こちら)。

「デザイン・ルールズ」では,「まとまりを持たせて書く」という中に,例えば,以下のような内容(整列・揃える)があります。

ここで,以下に示した“パターンⅠ”“パターンⅡ”を比べてください。

パターンⅠは,「整列・揃える」という考え方が適用されていないので,仕上がりがだらしなく,締らない感じがします。

これに対して,パターンⅡ「整列・揃える」という考え方が適用されています。すなわち,パターンⅡは,“仮想のライン”の考え方を使って書いたものです。仮想のラインを考えて書くと内容にまとまりが感じられます。

“仮想のラインを考えて書く”という考え方は,文書を書く場合,様々なところに適用できます。例えば,以下の例は,業務報告書に写真を貼り付ける場合に,仮想のラインを数ヶ所考えました。

“仮想のラインを考えて書く”という考え方を使って文書を書いてみてください。内容にまとまりが感じられる文書を書くことができます。

内容にまとまりが感じられる文書を書くことも“わかりやすい文書”を書くための条件の1つです。

後日,「デザインを考える(その2)」をテーマとしたブログを書きます。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

JTAPCO個人解説オンラインセミナー! 好評受付中。

zoomを使いオンラインで解説するマンツーマン形式での解説です(平成4年度に初めて受験される方が対象です)

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る