図解で描く

「わかりやすい文書の書き方」の中に「6つのルールと17の書き方」があります(こちら)。

現在の「6つのルールと17の書き方」は「バージョン3(Ver.3)」です。Ver.1とVer.2にあってVer.3にはない“書き方”があります。

その書き方とは,“図解で描く”です。「ルール4:視覚的に書く」の中に分類していました。

Ver.1とVer.2では,「図解で描く」について以下のように解説しました。

「図解で描く」とは,内容を図の形式で書くことです。内容を図の形式で書くことから,内容が短時間で明確に伝わります。例えば,プレゼンテーション資料を図解で描くと,その内容が短時間で明確に伝わります。

また,図解として以下の例を載せました。

これは,弊社が資料を作成する場合の方針図で解説したものです。

例えば,これを文章で書いたとします。

弊社が資料を作成する場合の方針は以下のとおりです。

①考え方の筋道を明確にして作成すること
②技術の裏付けを明確にして作成すること
③視覚的に作成すること
④簡潔に作成すること

文章で書いても内容は伝わります。しかし,図解の方が内容が明確に伝わります。

では,なぜ,「図解で描く」を削除したのか?

それは,他の書き方に比べてこの書き方を使う頻度が低いからです。図解を入れて業務報告書や技術提案書を書くことはほとんどないと思います。

ただ,口頭で説明する資料(営業資料やプレゼンテーション資料)などは図解の方が話し手も説明しやすいですし,聞き手も内容が明確に伝わります。

内容を図で描く場合のポイントは,図解にする内容を掘り下げて理解していることです。言い換えれば,図解にする内容の本質を理解していることです。

内容を図で描くためには,重要ではない内容を削ぎ落とし本質だけを図にする必要があるからです。

逆に言えば,図解で描くことで本質が見えてきます。

また,“矢印”は図解で描く場合の必須アイテムです。矢印と図解とは切っても切れない関係です。以下は弊社で以前作成した図解ですが,矢印を多用しています。

“矢印”は図解で描くときだけではなく,文書を視覚的に書くときにも重要なアイテムです。弊社でも文書を書くとき矢印を多用しています。

今後,「6つのルールと17の書き方」を見直すときがあれば“図解で描く”を復活させるかもしれません。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 書くべきことを自分の頭の中ではっきりさせる書くべきことを自分の頭の中ではっきりさせる 先日,ある会社の社員研修で講師を務めてきました。   テーマは,「技術提案書を書くときに重要なこと」です。   国土交通省が発注する業 […]
  • わかりやすく説明する(先行オーガナイザーの考え方を使う:パートⅡ)わかりやすく説明する(先行オーガナイザーの考え方を使う:パートⅡ) 今回のブログは,「わかりやすく説明する」をテーマとしたブログの第4回です。   前回のブログ,「わかりやすく説明する(先行オーガナイザーの考え方を使うパート […]
  • 掘り下げて理解する掘り下げて理解する 2018年4月1日に掲載したブログで以下のことを書きました(こちら)。   「覚えようとすることをすでに知っている他の知識と結びつけると覚えやすい」という考 […]
  • “研修プログラム7”の追加について“研修プログラム7”の追加について 弊社の研修プログラムの中に研修プログラム7を追加しました。   研修プログラム7は,建設コンサルタント業務等に関する総合評価落札方式対策です。建設コンサルタ […]
  • かたまりに分けて書くかたまりに分けて書く 2018年2月12日に掲載したブログのテーマは「河川の堤防が決壊する」でした(こちら)。   このブログの中で以下の問題を出しました。   […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る