技術士第二次試験対策:試験の延期発表のその後

2020年5月21日に,新型コロナウイルス感染症のため,技術士第二次試験が延期されることが日本技術士会のウェブサイトで発表されました。

発表から約2か月弱が経過しますが,日本技術士会から延期後の試験の日程の発表がいまだにありません。本年9月~11月を目途に実施するようですが・・・。

当初の予定通りならば今日(7月12日)が,総合技術監理部門を除く技術部門および総合技術監理部門の選択科目の試験日でした。

今頃は試験が終わり,「試験が終わった・・・やっと受験勉強から解放された!」という気分だったと思います。夜,風呂上がりに美味しいビールでも飲もうと考えていた方もいたと思います。しかし,コロナ禍でこの解放感を味わうことがすべて吹っ飛びました。

ところで,いまだに,延期後の試験の日程の発表がないのはなぜでしょうか? 新型コロナウイルス感染症の今後の動向を見ているのでしょうかしかし,これは誰にもわかりません。

東京では,新型コロナウイルス感染症の患者が連日200人を超えています。緊急事態宣言が解除された頃,今の東京での感染者数を予想した人は誰もいません。

もしかしたら,会場の手配に時間がかかっているのかもしれません。大学で試験を行うことが多いです。本年9月~11月を目途に実施するとのことなのでこの期間は大学では授業があります。そのため試験ができる大学が限られるのでしょうか? でも,大学では,現在オンラインで授業を行っているそうなのでキャンパスには学生さんはいないと思いますが。

いずれにしても,延期後の試験の日程を早く決めてほしいです。受験生の方々も「いつ試験があるのだろう?」などと思い不安な気持ちで受験勉強をしていると思います。日程が決まれば受験勉強のスケジュールが立てられます。また,「ヨシ! 日程が決まった。やるぞ!」という気持ちになると思います。

受験生の方々は,受験勉強に対するモチベーションの維持が大変だと思います。でも,「まだ受験勉強をする時間がある。完璧な状態で試験に臨もう」と前向きな気持ちを持って日々受験勉強をしてください。

トップへ戻る

This will close in 20 seconds

This will close in 20 seconds