日本のものづくり

10月末,メットライフドームの方に行く用事があったので西武線の西武球場前駅まで行きました。西武球場前駅の目の前にメットライフドームがあります。メットライフドームは埼玉西武ライオンズが本拠地としている球場です。西武球場前駅まで来るのは25年~30年ぶり(?)です。前回来た時には西武ライオンズ球場という名称でドームの屋根がありませんでした。

メットライフドームは埼玉県所沢市にあります。私も所沢市在住です。しかし,メットライフドームの方面に来ることはほとんどありません。メットライフドームは狭山丘陵の中にあり市内から少し離れているところにあるためです。アニメ・トトロの森の舞台になった場所がメットライフドームのそばにある里山です。

このとき撮影したメットライフドームの写真を大阪在住の阪神の大ファンの友人にメールで送りました。そうしたら以下のような返信メールが届きました。

このドームの膜、大阪が生んだ世界に誇る「膜屋」太陽工業製やわ(家から20分ほどの処に本社があるでぇ)。Expo70大阪万博で脚光を浴び、東京ドームを始め、シェア№1です。開催中のドバイ万博のは、世界最大360°投影で、内・外面プロジェクションが可能やねんて。Expo25大阪万博では、どんな技術が生まれてくるやろか。

友人のメールを読み,太陽工業という会社の存在を初めて知りましたし,この会社の製品がドバイ万博で使われていることも初めて知りました。

まさに,日本のものづくりの技術の成果だと思います。

しかし,その日本のものづくりも衰退の危機にあるというニュースを見たことがあります。最近,三菱電機が液晶テレビから事実上撤退するというニュースがありました。

一時期,日本の液晶テレビが世界を席巻していました。「世界の亀山モデル」という言葉を覚えています。今,国内資本の会社で液晶テレビを生産しているのは,パナソニックとソニーだけでしょうか?

このような中,世界で活躍する日本の企業のことを知ると,「日本のものづくりの技術のレベルもまだ高いな」と思います

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「『技術者のためのわかりやすい文書の書き方』オーム社」の改訂版を2022 年3 月頃出版する予定です。内容を全面的に改訂し,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」について詳しく解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る