技術士第二次試験対策:過去問の分析に基づき試験問題の出題傾向や出題内容を確認する(その1)

“過去問の分析に基づき試験問題の出題傾向や出題内容を確認すること”についてJTAPCOブログで何度も取り上げています。

*過去問を調べる(その1):2016年3月28日(こちら
*過去問を調べる(その2):2016年3月30日(こちら
*技術士第二次試験対策・敵を知り己を知ること(受験勉強の戦略と戦述):2016年7月25日(こちら)
*択一式問題の出題傾向を確認する(建設部門の方へ):2017年1月29日(こちら
*択一式問題の出題傾向を確認する(建設部門の方へ)・その2:2017年2月8日(こちら
*技術士第二次試験対策:過去問を活用する(過去問を分析する):2018年9月7日(こちら

JTAPCOブログで何度も取り上げているのは,「過去問の分析に基づき試験問題の出題傾向や出題内容を調べることは重要な受験対策であると考えているからです。

また,重要な受験対策と考えている理由はこれらのブログを読んでいただければわかりますが“彼を知り己を知れば,百戦殆うからず注)に沿った考え方であることが一番の理由です。
注):孫子の兵法の中の有名な格言:(敵を知り,己を知れば,百回戦っても負けはしない)

ただ,「自分で過去問を分析し,その結果に基づき試験問題の出題傾向や出題内容を確認すること」初めて重要な受験対策になります。

試験問題の出題傾向や出題内容を書いているウェブサイトもあると思います。また,試験問題の出題傾向や出題内容を書いている受験対策本や専門分野の雑誌もあると思います。

このように,試験問題の出題傾向や出題内容をウェブサイトあるいは書籍や雑誌から入手する方法もあると思います。このような方法を使えば,試験問題の出題傾向や出題内容が簡単に入手できます。

しかし,弊社では,このような方法で試験問題の出題傾向や出題内容を入手する方法を勧めません。

例えば,10年間の過去問を分析することを考えます。「個々の問題をどの程度まで分析するか」によって分析に要する時間は変わりますが,やはり,10年間を対象にすると時間がかかると思います。

しかし,かかった時間分の成果(密度の濃い分析結果)は必ず得られます。

また,分析方法を工夫することで,いろいろな視点での試験問題の出題傾向や出題内容が確認できます。

次回のブログで,分析方法の一例を紹介します。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る