択一式問題の出題傾向を確認する(建設部門の方へ)

【技術士試験・受験勉強方法の鉄則:15回】

 ◆受験勉強方法を考えること
 ◆択一式問題の出題傾向を確認する(建設部門の方へ)

すでにご存じの方も多いと思いますが,技術士の試験制度が平成30年度から変わるようです。大きな変更点は,択一式試験がなくなるとのことです。

択一式試験は,平成24年度になくなり,平成25年度に復活し,平成30年度にまたなくなります。択一式試験が苦手な方には朗報ですが,得意な方には悲報だと思います。

いずれにしろ,平成29年度では択一式試験が行われるので,択一式試験が苦手な方も得意な方もしっかりと勉強してください。くれぐれも,択一式試験でつまずくことがないようにしてください。つまり,「足切り」にならないようにすることです。

建設部門での択一式問題には出題傾向があります。

択一式試験では20問出題されますが,平成13年度~平成18年度,平成25年度~平成28年度の問題を調べると,問題番号Ⅰ-1から問題番号Ⅰ-20問までの問題では似たような出題傾向があります。

例えば,「問題番号Ⅰ-3」は,平成13年度を除くすべての年が,「公共工事の品質確保」の問題です。

また,平成13年度~平成18年度,平成25年度~平成28年度の問題を調べると,まったく同じ出題内容の問題や類似の出題内容の問題もあります。

これらのことからわかることは,過去問を調べればその結果から受験対策ができるということです。

弊社では,平成16年度~平成18年度,平成25年度~平成28年度までの計7年間の建設部門に関する出題傾向をまとめました。

*この計7年間の過去問は,(社)日本技術士会のサイトからダウンロードができます(こちら)。

出題傾向の整理結果は,ご自由にダウンロードして結構です。この結果を活用して択一式試験対策を考えてください。

*各年度での出題分類Nendo.pdf
Nendo

*出題分類(キーワード)ごとの整理結果KeywordSeiri.pdf
KeywordSeiri

例えば,以下のような択一式試験対策(「各年度での出題分類」と「出題分類(キーワード)ごとの整理結果」の活用方法)があります。

「出題分類(キーワード)ごとの整理結果」を使って出題分類(キーワード)ごとに問題を集め,それを教材として使う方法です。問題をノートなどに貼ってもよいと思います。

例えば,「公共工事の品質確保」の問題だけを集めます。これを読めば,「公共工事の品質確保」では,これまで,どのような内容(切り口)で問題が出題されたのかがわかります。また,内容(切り口)を読めば,「公共工事の品質確保」に対して何を勉強すればよいのかがわかります。

ノートに問題を貼っておけば,このノートに勉強したことなどを書き込めます。また,このノートを常に持参すれば,通勤電車の中やちょっとした空き時間でも勉強ができます。

建設部門の過去問を調べると,過去問に出題傾向があることがわかりました。他部門で受験される方も過去問を調べたらどうですか? 過去問に出題傾向があるかもしれません。

 「戦略と戦術」を考えた受験勉強をしてください。

*各年度の20問に対して,その出題分類(例えば,建設部門の場合には,「公共工事の品質確保」や「公共事業のコスト縮減」などのキーワード)を調べれば出題傾向の有無がわかります。なお,出題分類名(キーワード名)は各自で決めてください。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る