これまでに読んだ本から(38冊目) 【論理が伝わる「書く技術」:「パラグラフ・ライティング」入門】

今回は,「論理が伝わる『書く技術』:『パラグラフ・ライティング』入門」を紹介します。

 「論理が伝わる『書く技術』:『パラグラフ・ライティング』入門:倉橋保美:ブルーバックス(講談社)」

この本では,パラグラフ・ライティングを解説しています。ブルーバックスのシリーズとして出版されていることもあり,パラグラフ・ライティングを“書く技術”という視点で書いています。

私の人生を変えたといっても過言ではない名著「理科系の作文技術:木下是雄著」を読んで初めてパラグラフ・ライティングを学びました(こちらこちら)。「理科系の作文技術」では「パラグラフ」という章立てでこのパラグラフ・ライティングについて解説しています。

“パラグラフ”,“トピック・センテンス”,“展開部”をこの本から学びました。

パラグラフ・ライティングに基づき文章を書くと内容が明確に伝わります。

これは,思ったことをダラダラと書くのではなく,「パラグラフの立て方(文章の構成要素を考える)」,「トピック・センテンスの内容」あるいは「展開部の内容」を考えながら書くからです。

小学校~大学までの間でパラグラフ・ライティングを学んだ記憶がありません。欧米では,学校の授業の中で,文章論のいちばん大切な要素としてのパラグラフの意義,パラグラフの立て方を徹底的にたたきこむそうです。

「理科系の作文技術」でパラグラフ・ライティングを学んでから,小学校~大学までの間でパラグラフ・ライティングを教えるべきだと感じました。

英語教育に力を入れることも重要ですが,母国語をしっかり教えることも重要です。

今回紹介した本についてですが,この本は,パラグラフ・ライティングを詳しく解説しています。「理科系の作文技術」より詳しくパラグラフ・ライティングを解説しています。この1冊で,パラグラフ・ライティングの考え方を学ぶことができます。

ただ,この本では,パラグラフ・ライティングに基づく書き方の型が決まっているため,この型に当てはめて文章を書くためには慣れが必要だと思います。この型に当てはめて文章を書けば内容が明確に伝わる文章が必ず書けますが・・・。

ちなみに,拙著「技術士第二次試験・建設部門・答案作成のテクニック・5つの手順で書いてみよう(オーム社)」こちら)は,パラグラフ・ライティングの考え方を応用した内容です。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る