メモを取ること

明けましておめでとうございます。

技術士の試験を受験される方は勝負の年がスタートしました。今年,必ず合格してください。

今年も,受験勉強に少しでも役立つことをこのブログで紹介しますので,受験勉強の参考にしてください。

【技術士試験・受験勉強方法の鉄則:14回】

 ◆受験勉強方法を考えること
 ◆メモを取ること

メモを取ることを習慣にしてください。

2016年7月28日(水)のブログで,「メモすること」をテーマにしたブログを書きました(こちらを参照してください)。

メモを取ること(メモすること)は重要なので,違った切り口で「メモを取ること(メモをすること)」に関するブログを書きます。

専門分野の雑誌や専門書を読んでいるとき,業界新聞を読んでいるとき,パソコンなどでサイトを見ているとき,一般紙を読んでいるとき,テレビでニュースや特集番組などを見ていたりするときなど,解答を考えるうえで参考になることを読んだり,テレビで見たりすることがあります。

「これは,解答を考えるうえで参考になるかもしれない」というようなことが頭の中にひらめきます。

このような場合には,ひらめいたことをノートなどにメモを取ってください。

このようにしてメモしたことは以外に重要なことが多いです。これは,頭の中には重要なことを感知するセンサーがあり,「これらが重要なことだ」とこのセンサーが判断するためかもしれません。

メモを取ることでひらめいたことが形になって残ります。メモを取らないと間違いなく忘れます。「メモを取ればよかった」と言っても“後の祭り”です。

「メモを取ればよかった」と後悔しないためにもメモを取る習慣を身に付けてください。

リアルタイムでメモを取ることが望ましいですが,リアルタイムでメモを取れない場合には,忘れないうちにメモを取ってください。

また,必ず,ノートやメモ帳に手書きでメモを取ってください。科学的な根拠はわかりませんが,ワードなどを使いパソコンでメモを取るより手書きでメモを取る方が頭の中に残ります。

メモを取るうえで重要なことがあります。

①過去問が頭の中に入っていること
過去にどのような問題が出たのかを知っておくことです。すなわち,過去問が頭の中に入っていることです。過去問が頭の中に入っていることでひらめきがあります。「アッそうだ・・・〇〇のような問題がまた出たら,これが参考になるな」・・・・というひらめきです。

②継続すること
メモを取ることを継続してください。継続すれば,書き出したメモも増えてきます。これがオリジナルの参考書になりまし,解答を考えるうえで必ず参考になります。「継続は力なり」・・・・です。

再度書きます・・・・・

メモを取ることを習慣にしてください。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る