実際にやってみる

「わかりやすい文書の書き方」をテーマとしたセミナーでは解説終了後に解説内容を確認するための演習を行っています。

わかりやすい文書の書き方の解説を聴いた直後に解説内容に関する確認演習をすることで解説内容の理解が深まります。

セミナー出席者の方々に書いていただくアンケートでも演習に関するコメントを書く方もいらっしゃいます。

*演習でより講義の内容を理解・整理できた。
*最後の演習で今回学んだことを実践し自分の理解度を確かめることができた。
*演習が多く実践する事で内容を理解できた。
*演習がたくさんあり理解したことのまとめができてよかった。
*演習を行うことでさらに理解度が上がりました。

これらのアンケート結果から,「頭の中で理解したことを実際にやってみることが重要」ということがわかります。

これと類似したことですが,「頭の中では理解したつもりでも実際にやってみると理解したつもりだった」ということがあります。

会社員時代,現場計測の仕事をしていたことを以前ブログで書きました(こちら)。

現場計測の仕事では,工事を安全に施工するためのデータ今後の研究に役立てるためのデータなど現場で様々なデータを取ります。

これらのデータを取るため,様々な計測機器を使いますが,計測機器によってはその使い方が複雑なものもあります。

このような計測機器に対しては,現場で使う前計測機器を販売する会社の人が来てこの計測機器の使い方を説明してくれます。

説明を聴いているときには「なるほど,このように使うのか・・・」理解したつもりになります。しかし,後日その計測機器を実際に使ってみると「アレッ・・・このようなときにはどのように使うんだっけ?」ということがあります。

このようなことが起こるのは,「頭の中では理解したつもりでも実際にやってみると理解したつもりだった」ということです。

逆に言えば,実際にやってみることで,「自分が理解したつもりだった」ということがわかります。

頭の中で“理解した”と思ったことでも“実際にやってみること”が重要です。

このことは,文章を書くとき「『何を書いたらいいのかわからない』と立ち止まっていないで,とにかく書いてみることが重要」ということにも共通します(こちら

 

何ごとも,「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」・・・です。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 制限の中で結果が出る制限の中で結果が出る 今回のブログは,「制限があることで結果が出る」という内容です。   ■制限の中で“わかりやすい文書の書き方が習得できる” 「わかりやすい文書の書き方( […]
  • 技術者の倫理:“公衆の安全”技術者の倫理:“公衆の安全” 先日,会社の本棚で本を探していたら技術者の倫理に関する本が出てきました。   “「君ならどうする?」 建設技術者のための倫理問題事例集(公社)地盤工学会編” […]
  • ノートに手で書き出すこと(JTAPCOの理論)ノートに手で書き出すこと(JTAPCOの理論) 「技術士第二次試験・受験勉強方法の鉄則7」で「ノートを使って勉強すること」について書きました(こちら)。   この中で以下のことを書きました。 […]
  • 個人情報漏洩(その2)個人情報漏洩(その2) 昨日,個人情報漏洩に関するブログを掲載しました(こちら)。 このブログを読んだ知人の方からブログの内容に関するメールが今日届きました。   「日本技術 […]
  • 専門外・異分野の人と接すること専門外・異分野の人と接すること 2018年6月27日に「人脈を構築する」をテーマにしたブログを掲載しました(こちら)。今回のブログはこのブログに関連した内容です。   「運命を創る:安岡正 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る