書いてみなはれ

例えば、「“人生論”についてのあなたの考えを2,000文字以内でまとめて提出しなさい」のような課題が与えられたとします。

この課題に対してスラスラとすぐに文章が書けますか・・・?

多くの方は、「何を書いたらいいのかわからない」と考え込んでしまうと思います。確かに,この課題は,スラスラと文章を書くにはちょっと難しい課題ですが・・・。

このような難しい課題ではなくても、何かに関することについての文章を書かなければならないとき、「どうしようか・・・何を書いたらいいか?・・・」と考え込んでしまうことを経験された方も多いと思います。

「何を書いたらいいのかわからない」には2つのパターンがあります。

■パターンⅠ
何を書いたらいいのかわからない。書くべきことが頭の中がボヤーッとしている。

■パターンⅡ
頭の中に書くことは詰まっているが,何をどのように書いたらよいのかわからない。頭の中が整理できない。

“これらのような状況になったとき,どのように対応しますか?”

“「何を書いたらいいのかわからない」と立ち止まってしまうことはありませんか?”

このようなときには,「“とにかく書いてみよう”と考え,頭の中に浮かんだことを何でもいいから書き出すこと」をお薦めします。

「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」という言葉をご存じでしょうか?

これは,サントリー創業者鳥居信次郎氏が残した名言です。この言葉は,「とにかくやってみよう。やっていくうちにいろいろ学ぶこともあるだろう。学びながら次のステップのことを考えればいい」のような意味です。

“やってみなはれ”という言葉は,文章を書く場合にも当てはまります。つまり,“書いてみなはれ”です。

これは,「考えているだけではなく,とにかく書いてみよう」という意味です。

何を書いたらいいのかわからないときには,書くべき課題や書くべき テーマに関して頭の中に浮かんだことを何でもいいからノートなどに書き出してみることです。

課題やテーマと合致したことだけではなく,これらと関連したことを書き出してもかまいません。

書き出しているうちに,書きたいこと(書くべきこと)がどんどん湧き出てきます。頭の中で考えていたときには出てこなかったことも書き出すことでおもてに出てきます。

書き出すことで,書くべき課題や書くべきテーマの構成が見えてきたり,自分の考えがまとまってきたりします。

また,書き出すときには,どのような形式で書き出してもかまいません文の形式でも,キーワードの形式でも書き出す形式は自由です。

書き出したら,書き出したことを材料にして文章の構成を考えたり,書き出したことを材料にして文章の構成に肉付けをしたりして文章を完成させてください。

書き出すうえで重要なことは,頭の中に浮かんだことをノートなどに“手”で書き出すことです。頭の中に浮かんだことをパソコンの画面上に書き出さないでください。

2016年4月26日のブログは,「ノートを使って勉強する」がテーマでした(こちら)。この中で,以下のようなことを書きました。


学んだことをノートに手で書くことで学んだことが頭の中に残ります。ワードなどのソフトを使って学んだことをパソコンの画面上に書くよりノートに手で書いたほうが頭の中に残るのは,学んだことをノートに手で書くことで脳が活発に活動するからだと思います。


頭の中に浮かんだことを手で書き出す場合もこれと同じことが言えます。書き出しているうちに,書くこと(書くべきこと)がどんどん湧き出てくるのは,頭の中に浮かんだことをノートなどに手で書き出すことで脳が活発に活動するからだと思います。

「何を書いたらいいのかわからない」と立ち止まっていないで,とにかく,書いてみなはれ・・・

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 視点を変えて文書を書く視点を変えて文書を書く JTAPCOブログには,“発想法”というブログカテゴリがあります(こちら)。 この中で,2016年5月14日(こちら)と2017年8月3日(こちら)のブログのテーマは“視点 […]
  • 相手の立場に立って考える相手の立場に立って考える 調査や設計などの業務を国から受注する場合,技術提案書を提出することがあります。特に,技術力が要求される業務が対象です。 以前,建設コンサルタントに勤務されている方(仮にAさ […]
  • 漢字とひらがなの使い分けについて漢字とひらがなの使い分けについて 漢字とひらがなの使い分けに注意して文書を書いていますか?   今年(2017年)の3月にオーム社さんから出版させていただいた「技術士第二次試験 建設部門 答 […]
  • 日本語と英語の語順の違いからわかること日本語と英語の語順の違いからわかること 日本語と英語の語順の違いから,文を短く書く(簡潔に書く)ことの重要性がわかります。   “おじいさんは芝を刈るために山へ出かけた”   […]
  • 「重要な内容は何か?」と考えること「重要な内容は何か?」と考えること 弊社では,横浜市青葉区藤が丘にあるフューチャーベースさんにサイトの作成およびその管理を依頼しています(フューチャーベースさんのサイトはこちら)。 フューチャーベースさんでの […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る