“演習問題の改定”と“理科系の作文技術”

弊社の研修プログラムには,“研修プログラム2のフォローアップ演習”というプログラムがあります。

このプログラムは,研修プログラム2に関するセミナーや社員研修を受けた方に対して,後日更に演習問題を解いていただくことでわかりやすい文書の書き方を確実に習得していただくことを目的としています注)。“研修プログラム2のフォローアップ演習”の詳細についてはこちらをご覧ください。
注):研修プログラム2では解説とともに演習を行います。

現在,このフォローアップ演習での問題の改定版を作成しています。改定版作成の目的は,様々な切り口の問題を解いていただくことで,わかりやすい文書の書き方を一層確実に習得していただくことです。現状での演習問題の内容も見直しています。

また,現状ではフォローアップ演習の問題数3問ですが改定版では2問増やし5問とする予定です。「6つのルールと17の書き方」を確実に習得できる問題を出題します。

来月中には,リニューアルした“研修プログラム2のフォローアップ演習”の内容を掲載する予定です。

ところで,演習問題を作成するうえでの参考するため“理科系の作文技術”を読みました。この本は,わかりやすい文書を書くうえでのバイブルとしている本です(こちら)。

「文を短く書く」という内容に関連した問題を作成するため,「8 わかりやすく簡潔な表現・8.1 文は短く」を読みました。この項は,「短い文を書くこと」「主語と述語の対応を明確にすること」などの参考になるのでこの項の一部を紹介します。


・・・・ではさしあたり次の三つの心得をあげよう。

(a)まず,書きたいことを一つ一つ短い文にまめとる。
つぎに
(b)それらを論理的にきちっとつないでいく(つなぎのことばに注意!)
ここで<つなぐ>というのは必ずしも<つないで一つの文にする>意味ではない。短い独立の文を,相互の関係がはっきりわかるように整然と並べることができれば,むしろそのほうがいいのである。
以上の過程を通じて,どの文を書くときにも
(c)いつでも「その文の中では何が主語か」をはっきり意識して書く
ことが必要だ。主語を文字に書き表すことはかならずしも必要でない。しかし,自分がいま書いている文では何が主語なのかはいつも明確に意識していなければならない。とくに,短い文をつないで長い文をつくるときには,「長い文ぜんたいの主語を何にするか」を考えて,修飾節の表現を調整していくことが肝要だ。


(a)と(b)の考え方を使って文章を書くことがあります。例えば,これらに基づきブログを書くことがあります。

ブログのテーマを決めてもブログの文章がすぐに出てこないことがあります。その場合には,ブログのテーマに関して思い付くことを短い文で書き出します。次に,書き出した順で文章にしたり,短い文をつなげて1つの文にしたり,短い文を入れ替えたりして文章にします。

今回のブログを書きながら改めて“理科系の作文技術”が名著であることを認識しました。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 具体的な内容の文を書く具体的な内容の文を書く 今回のブログは,2018年3月25日に掲載したブログ(テーマ:“ぼんやりとした内容の文を書く”から“はっきりとした内容の文を書く”へ)に関連した内容です(こちら)。 &nb […]
  • 肯定文で書く肯定文で書く 4月9日の講習会で行った演習に対する添削で,2名の方にアドバイスしたことがあります。   「否定文より肯定文のほうが,読み手に内容が明確に伝わります」 […]
  • 文の内容をプラスに表現する文の内容をプラスに表現する 5月1日のブログのテーマは「肯定文で書く」でした(こちらを参照してください)。このブログの中で以下の文を書きました。    ◆試験終了まで3分しか残っていな […]
  • 文化庁の「平成28年度・国語に関する世論調査」に関する疑問文化庁の「平成28年度・国語に関する世論調査」に関する疑問 文化庁の「平成29年度・国語に関する世論調査」についての内容を書いたブログを10月3日に掲載しました(こらら)。   今回のブログは,文化庁の「平成28年度 […]
  • 二重表現(重複表現)二重表現(重複表現) 「いにしえの昔の武士の侍が,山の中なる山中で,馬から落ちて落馬して,女の婦人に笑われて,赤い顔して赤面し,家に帰って帰宅して,仏の前の仏前で,短い刀の短刀で,腹を切って切腹した」 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る