“ぼんやりとした内容の文を書く”から“はっきりとした内容の文を書く”へ

2016年11月23日のブログのテーマは「生活の中での数値化」でした(こちら)。

このブログの中で,オムロンの活動量計を購入したことでカロリーの高い食べ物を控えるようになったこと書きました。

活動量計を購入する前までは,「健康のため高カロリーな食べ物を控えましょう」と言われてもこのアドイスが頭の中で“ぼんやり”していました。

「健康のため高カロリーな食べ物を控えましょう」は,具体的な内容のアドバイスではないので,「健康を考えて高カロリーな食べ物を控えよう」という気持ちが出てきませんでした。そのため,高カロリーな食べ物でも特に控えることなく食べていました。

しかし,「この高カロリーな弁当を食べると,この摂取カロリーを消費するためには3時間早歩きをする必要がある」などのようなことがわかると,「この弁当を食べるのを止めよう」という気持ちになりました。

これは,活動カロリーが数値化され,摂取したカロリーを消費するために必要な活動内容がわかったからです。すなわち,数値化によって,“ぼんやり”が“はっきり”したからです。

弊社の「わかりやすい文書の書き方」に関するセミナーや社員研修では,わかりやすい文書を書くための書き方として「6つのルールと17の書き方」を解説しています(こちら)。

17の書き方の中で,「ルール6(内容が明確に伝わる文を書く):書き方13」「具体的な内容の文を書く」です。わかりやすい文を書くうえで非常に重要な書き方です。この書き方は,「“ぼんやりとした内容の文を書く”から“はっきりとした内容の文を書く”」と言い換えることができます。例えば,以下の文を比べてください。

文Ⅰ:昨日東京ドームで開催されたポールマッカートニーのコンサートに極めて多数の観客が集まった。

文Ⅱ:昨日東京ドームで開催されたポールマッカートニーのコンサートに約48,000人の観客が集まった。

文Ⅰを読んだ後,頭の中が“ぼんやり”しています。それに対して文Ⅱを読んだ後,頭の中が“はっきり”しています。“極めて多数の観客(ぼんやり)”“約48,000人の観客(はっきり)”と書いているからです。

“ぼんやりとした内容の文を書く”ではなく“はっきりとした内容の文を書く”,つまり,具体的な内容の文を書いてください。はっきりとした内容の文を書くことで読み手の頭の中で文の内容が形になります。

読み手の立場になって読むことを考えると,「はっきりとした内容の文を書くこと」,つまり,「具体的な内容の文を書くこと」の重要性がわかると思います。

test

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

トップへ戻る

This will close in 20 seconds

This will close in 20 seconds