“アイデア”について

2019年2月5日に掲載したブログのテーマは「これまでに読んだ本から(36冊目):【アイデアのつくり方】」でした(こちら)。

今回のブログはこの本の内容に関係したことです。

散髪は“QBハウス”をいつも利用しています。QBハウスとはカット専門の理容室(床屋)です。髪をカットするだけです。洗髪も髭を剃ることもしません。カットした髪は掃除機のようなもので吸い取ります。カットの時間は10分が基本です。また,費用は1,080円(税込)です(今年の2月1日から1,200円(税込)になるそうですが)。

QBハウスを利用し始めたのは約15年前頃からです。それまでは地元の床屋を利用していました。費用は5,000円程度だったと思います(大人料金の場合)。この床屋では洗髪,髪のカット,髭剃りなどのサービスをしてくれます。

しかし,いつも「髭剃りは必要ない」と思いながらこの床屋を利用していました。そこであるとき「髭剃りをしなくていいです」と言ったところ「セット料金に入っているので髭剃りをカットしても料金は変わりませんというようなことを言われました。

その当時,この床屋には1回/月ぐらいの頻度で行きましたが月5,000円は高いのでQBハウスを利用することにしました。

初めはカットだけのサービスに抵抗がありましたが,QBハウスで髪をカットするようになってからカットだけのサービスが当たり前になりました。

床屋に行く目的は伸びた髪をカットしてもらい髪を整えることです。この目的を考えれば,QBハウスが登場する前からカット専門の理容室(床屋)がありそうでしたが実際にはなかったと思います(未確認ですが)。

QBハウスに行くと,「なぜこのようなアイデア(サービス)が出てきたのだろうか?(思い付いたのだろうか?)」といつも思います。

QBハウスの他にも新しい商品や新しいシステムを知ると,「なぜこのようなアイデア(サービス)が出てきたのだろうか?(思い付いたのだろうか?)」と思います。

ジェームス・W・ヤング氏は,“アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない”と“アイデアのつくり方”の中で書いています。

“アイデアのつくり方”を再読して,「新しい商品や新しいシステムを考えた人も,既存の要素の新しい組み合わせで新しい商品や新しいシステムを考えたのだろうか?」と思いました。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 徳島県勝浦郡上勝町と発想法徳島県勝浦郡上勝町と発想法 NHKテレビで毎朝放送している“おはよう日本”の中に“じもトピ”というコーナーがあります。このコーナーは,毎週火曜日に放送しています。   “じもトピ”とは […]
  • 視点を変える(小学生の時の出来事)視点を変える(小学生の時の出来事) 好きな言葉の1つに「視点を変える」があります。   視点を変えるとこれまでと違ったことが見えてきます。仕事に関する企画を考えるとき常に意識している言葉です。 […]
  • 具体化する(受験生を具体化する)具体化する(受験生を具体化する) 好きな言葉の一つに「具体化する」があります。   「具体化する」とは具体的にする(なる)ことです。具体化すると見えてくるものがあります。仕事をするときや仕事 […]
  • 視点を変える(パートⅡ)視点を変える(パートⅡ) 2016年5月14日のブログは,「視点を変える(小学生の時の出来事)」というテーマでした(こちら)。   今回のブログは,「視点を変える(パートⅡ)」をテー […]
  • 見方を変える見方を変える JTAPCOブログには,「発想法」というブログカテゴリがあります。これまで,この中で4本のブログを掲載しました。   *視点を変える(小学校の時の出来事): […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る