とにかく書いてみる

2018年1月31日に「書いてみなはれ」というテーマのブログを掲載しました(こちら)。

今回のブログはこのブログに関連した内容です。

JTAPCOブログの掲載数も300編を超えました。

毎日ブログを掲載している人に比べれば300編は少ない数だと思いますが・・・。

ブログを書き始めた頃に比べて,頭の中にあることを文や章にしやすくなりました。「こんなことを書こう,あんなことを書こう」と思ったら(構想が浮かんだら)スラスラとこれらのことが文や文章になります。

ブログを書き始めた頃は,構成を下書きしてからブログを書いたこともありました。

ブログを掲載する前には必ず内容を読み返しますが,ブログを書き始めた頃に比べて,文や文章の修正箇所が少なくなりました。つまり,これは,構想に対して頭の整理が正確にできるようになったからだと思います。

「書いてみなはれ」というテーマのブログの中で以下のことを書きました。


書き出しているうちに,書きたいこと(書くべきこと)がどんどん湧き出てきます。頭の中で考えていたときには出てこなかったことも書き出すことでおもてに出てきます。書き出すことで,書くべき課題や書くべきテーマの構成が見えてきたり,自分の考えがまとまってきたりします。


すなわち,これまで300回以上このようなことを実践しています。

1編のブロブの文量は毎回異なりますがA4判の用紙1枚~2枚程度です。このことから,これまでに書いたブロブの文量はA4判の用紙で300枚~600枚程度になると思います。

「とにかく書いてみる」ということを継続することが,文や文章を書く力をレベルアップさせること実感しました。

技術者の方は,仕事で,文や文章を日々書いていると思います。それでも,「文や文章が書けない」という人は,不定期でも構わないのでブログを書いてみたらどうでしょうか?

ブログと言ってもネット上に掲載する必要はありません。ある意味日記のようなものを書くことです。

テーマは何でも構いません。会社での出来事,通勤途中での出来事,これまでに読んだ本のこと,趣味のこと,家族のこと,テレビを見ていて気が付いたこと・・・・。

初めは,文量は決めずに書けるところまで書いてください。書くことに慣れてきたら「A4判の用紙1枚で書こう」などと文量を決めてください。

このようなブログを継続して書くことで文や文章を書く力が確実にレベルアップします。

文や文章を書く力をレベルアップさせるためには,“とにかく書いてみること”を継続することが最も重要です。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • わかり方の筋道わかり方の筋道 JTAPCOブログでは,以下のことを何度も書いています。   “伝えるべき内容を書き手が掘り下げて理解していることでわかりやすい文書が書けます”   […]
  • 本質を理解すること(パートⅠ)本質を理解すること(パートⅠ) 知り合いの新聞記者の方からいただいた資料の中から,「本質を理解する」という文章を紹介します。 ◆本質をしっかり理解していないと,分かりやすく説明が出来ない。同様に何 […]
  • 制限を設ける制限を設ける 10月14日(金)のブログでは,これまでに読んだ本として「論文の書き方:清水幾太郎 岩波書店」を紹介しました(こちらを参照してください)。 著者は,1千字,すなわち,400 […]
  • 業務報告書の作成を依頼されたとき気になること(その1)業務報告書の作成を依頼されたとき気になること(その1) 弊社では,業務報告書の作成を依頼されることがあります。これは,依頼者が行なった業務(仕事)の報告書を弊社が書くことです。もちろん,弊社の専門分野での業務が対象です。 &nb […]
  • 日本語と英語の語順の違いからわかること日本語と英語の語順の違いからわかること 日本語と英語の語順の違いから,文を短く書く(簡潔に書く)ことの重要性がわかります。   “おじいさんは芝を刈るために山へ出かけた”   […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る