技術士第二次試験対策:必須科目に関する勉強の結果を復習する

2019年度の技術士第二次試験・筆記試験の試験日は以下のとおりです。

*総合技術監理部門の必須科目:2019年7月14日(日)
*総合技術監理部門を除く技術部門・総合技術監理部門の選択科目:2019年7月15日(月・祝)

総合技術監理部門を除く技術部門の試験日まで残りが2週間弱になりました。

今年度から必須科目が記述式試験に変わります。このため,必須科目で合格点を取ることが今年度の筆記試験に合格するうえでのポイントの1つです。

そのため,必須科目に関する勉強の結果を復習をしっかりしてください。

必須科目での出題内容は以下のとおりです(出典:日本技術士会)。

現代社会が抱えている様々な問題について,「技術部門」全般に関わる基礎的なエンジニアリング問題としての観点から,多面的に課題を抽出して,その解決方法を提示し遂行していくための提案を問う。

受験部門での現代社会が抱える問題を予想し,上述した出題内容の流れに沿って解答を考え,その解答を覚えるような勉強をしている方も多いと思いますこのような勉強をした場合での復習では,出題内容に沿って解答しているかどうかを確認してください。

すなわち,解答が,「問題の把握と課題の抽出→課題に対する解決方法の提示→課題の遂行の提案」の流れになっているかどうかを確認してください。

建設部門を例にしてこれを説明します。

建設部門に関連した現代社会が抱える問題とは,例えば,地震や水害などの自然災害の問題(防災・減災)があります。ここ数年,我が国では地震や水害に伴う甚大な人的・物的被害が発生しています。

「我が国での自然災害発生時の問題は何か,それに伴う課題は何か,その課題の解決方法は何か,その解決方法の遂行方法は何か」を頭の中で整理したうえで,これに沿って解答しているかを確認してください。

どのような形式で出題されるかわかりませんが,これが解答を考えるうえでの軸です。軸がぶれると試験官に内容が明確に伝わらない答案になる可能性があります。

まだ,試験日まで13日もあります(7月15日に受験する場合)。

残りの13日間・・・「1分・1秒も無駄にしない!」という気持ちを持って復習をしてください。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 「アンケート結果」を読むこと「アンケート結果」を読むこと 2月18日(木)に,株式会社日本テクノセンター主催の「技術者のための“内容が明確に伝わる”わかりやすい文書の書き方」の講習会で講師を務めてきました。   出 […]
  • 発想を変える発想を変える 味の素が販売している「ギョーザ」という冷凍食品があります。この商品は,水も油も使わずに餃子を焼くことができます。ヒット商品だそうです。緊急事態宣言が出されていた頃,市内の […]
  • これまでに読んだ本から(3冊目):【図解で考える人は仕事ができる】これまでに読んだ本から(3冊目):【図解で考える人は仕事ができる】 今回は,「図で考える人は仕事ができる」の紹介です。 ◆「図で考える人は仕事ができる:久恒啓一著:日本経済新聞社」   図解の第一者である久恒啓一氏の著 […]
  • コロナ禍の1年コロナ禍の1年 2020年もあと5時間半で終わります。 2020年は,コロナで明け,コロナで暮れる1年でした。まさにコロナ禍の1年でした。毎日のように,テレビやラジオのニュースで“ […]
  • 技術士第二次試験対策:不合格の原因分析技術士第二次試験対策:不合格の原因分析 10月31日(火)に技術士第二次試験での筆記試験の合格発表がありました。 めでたく合格された方,残念ながら不合格だった方・・・様々だと思います。   […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る