技術士第二次試験対策:口頭試験対策(対象業務を掘り下げて確認する)

今月末から,技術士第二次試験での口頭試験が始まります。

口頭試験での試問事項は以下のとおりです(総合技術監理部門以外の部門)。

「Ⅰ:受験者の技術的体験を中心とする経歴の内容及び応用能力」では,技術士第二次試験の申込時に提出した「業務内容の詳細」について質問されると思います。

口頭試験の前に,「業務内容の詳細」を書くうえで対象とした業務(以下,“対象業務”と書きます)を確認してください。

「対象業務を確認する」とは,「業務内容の詳細」に書いたことだけを確認するのではなく,対象業務全体の内容を掘り下げて確認することです。

掘り下げて確認する方法ですが,自問自答することで対象業務が掘り下げて確認できます。

自分が面接官になったことを想定し,「なぜ,○○なのか?」と自分が自分に質問することを考えると対象業務が掘り下げて確認できます。

*今回の検討では,なぜ,このような検討方針を考えたのか?
*なぜ,今回は地盤調査を実施しなかったのか?
*当該地では○○工法が適用できないと判断したが,なぜ,○○工法が適用できないと判断したのか?
*検討対象として○案,△案,□案を抽出したが,なぜ,この3案なのか? 検討対象とするこの他の案はなかったのか?
*なぜ,最終的に○○案を選定したのか?

「なぜ,○○なのか?」と自問すると「アレッ・・・,何だっけ?」という内容が出てくるかもしれません。このような内容は「理解したつもりの内容」だったのです。

口頭試験で,理解したつもりの内容について質問されたら・・・「わかりません」・・・となります。

「なぜ,○○なのか?」と自問しその答を考えることで,「わかりません」と回答するリスクが回避できます。

対象業務に対して「理解したつもり」の状態で口頭試験に臨まないでください。対象業務について掘り下げて確認し,「対象業務の質問に対してはすべて回答できる」という状態で口頭試験に臨んでください。

JTAPCOブログではこれまでに2回,口頭試験をテーマとしたブログを掲載しました。

*技術士第二次試験対策:口頭試験での注意事項こちら
*口頭試験に臨む方へこちら

今年,口頭試験を受験される方はこれらのブログも参考にして,口頭試験での合格を勝ち取ってください。

test

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

トップへ戻る

This will close in 20 seconds

This will close in 20 seconds