通信教育講座の開講について

昨年に引き続き,大好評のセミナーが通信教育講座として開講しました!

(株)R&D支援センターさま主催の「わかりやすい文書の書き方」に関する通信教育講座が4月から始まります。

昨年の通信教育講座が大好評だったことから今年も通信教育講座を開講することになりました。

通信教育講座のテーマは,

<技術者・研究者のための内容が“明確に”伝わる技術文書作成入門>

です。詳しくはこちらをご覧ください。

各講の終了後に演習を実施しますが演習結果に対して添削をします。日常業務で文書を書く場合に添削結果が反映できるような添削内容です。

この通信教育講座では,「技術者・研究者のための内容が“明確に”伝わる技術文書作成入門」をテーマとしたセミナーの内容を教材(テキスト)とします。したがって,この通信教育講座は,「技術者・研究者のための内容が“明確に”伝わる技術文書作成入門」をテーマとしたセミナーと基本的に同じ構成・同じ内容です。

「技術者・研究者のための内容が“明確に”伝わる技術文書作成入門」のセミナーは,2017年から3年連続で東京で開催されました。このため,時間の都合などでセミナーに出席できなかった方もいらっしゃると思います。しかし,通信教育講座ならば自宅などで「内容が“明確に”伝わる技術文書の書き方(わかりやすい文書の書き方)」を学ぶことができます。

「技術者・研究者のための内容が“明確に”伝わる技術文書作成入門」の通信教育講座を受講して,「君の書いた文書はわかりやすい」と言われる技術者になってください。

“講師からの紹介割引”について

「講師からの紹介割引」の制度があります。「講師からの紹介割引」は通信教育講座の主催者である(株)R&D支援センターさまの割引制度です。

「講師からの紹介割引」を利用すると通信教育講座の受講料が割引になります。

◆1名につき44,000円→1名につき38,500円(税込・テキスト代込)
◆2名同時申し込みの場合,2名で49,500円(税込・テキスト代込)

「講師からの紹介割引」のご利用を希望される場合には弊社までご連絡ください。弊社ウェブサイトの「お問い合わせ」フォームの「メッセージ欄」「講師からの紹介割引利用」とご記入のうえ送信してください。「講師紹介割引用のパンフレット」をお送りします。ご連絡していただいたすべての方が割引後の受講料で通信教育講座を受講できます。

通信教育講座の受講を希望される方「講師からの紹介割引」をご利用ください。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • スケジュールを立てるスケジュールを立てる 【技術士第二次試験・受験勉強方法の鉄則12】  ◆勉強方法を考える  […]
  • お詫びお詫び 弊社サイトにおいて,「平成31年度・技術士第二次試験対策」のページへのリンクができない箇所が2箇所ありました。 「平成31年度・技術士第二次試験対策」のページへのリンクがで […]
  • 漢字を覚えるぞ!漢字を覚えるぞ! 最近,「漢字が書けなくなったな・・・」と感じたことはありますか?   最近,本当に,漢字が書けなくなったと実感しています。簡単な漢字でも「アレッ? この漢字 […]
  • 結局,何が言いたいのだろう?結局,何が言いたいのだろう? 2016年4月9日(土)に,弊社主催の講習会を都内で実施しました。 テーマは,「技術士受験対策:わかりやすい答案の書き方」です。   電気電子部門・建 […]
  • 技術士第二次試験対策:過去問を分析する技術士第二次試験対策:過去問を分析する 2019年10月29日(火)に技術士第二次試験での筆記試験の合格発表がありました。 予想通り合格できた方,不合格だと思っていたが合格していた方,合格したと思っていたが不合格 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る