これまでに読んだ本から(4冊目):【伝える力】

今回は,「伝える力」の紹介です。

「伝える力:池上彰著:PHP研究所」

この本は,2008年の春に都内の書店で買いました。初版は2007年5月2日です。2016年7月現在180万部が売れたそうです。

本を読むのが好きなので,仕事で都内に行ったときなどには必ず書店に寄ります。このときも,打ち合せの帰りにリブロ池袋本店 注)に行きました。
注):リブロ池袋本店は2015年7月20日に閉店しました。リブロ池袋本店があった場所には今は三省堂が入っています。

何か面白い本はないかと書店の中をぶらぶらしているとき「伝える力」というタイトルの本が目に入りました。興味を引くタイトルだったので,「どんな本だろう?」と思いその本を手に取りました。

ページをめくり流し読みをしたら面白そうな内容だったのですぐにその本を購入しました。帰りの電車の中で早速読みましたが内容が面白く会社に戻ってからも読み続け,本を購入した日に読み終えました。どのページも参考になる内容でした。

6月9日のブログでも書きましたが(こちらを参照してください),「わかりすい文書の書き方」の本格的な指導を始めたのが2010年です。この本を購入したときには「わかりやすい文書の書き方」の考え方を整理していたので,整理するときに「伝える力」の内容も参考にさせていただきました。

この本の中で,強く印象に残っている内容があります。

伝える」ために大事なこと。それはまず自分自身がしっかり理解することです。自分がわかっていないと,相手に伝わるはずがないからです。

池上氏のこの考え方に100票でも1000票でも票を投じます。これは,わかりやすい文書を書くうえで重要なことの一つです。

この他にも,「『もう一人の自分』を育てる」や「『難しいことも簡単に』書く,話す」など,わかりやすい文書を書くうえで参考になる内容があります。

「伝える力」は,一般の読者を対象にして書かれた本ですが技術者の方にも読んでいただきたい本です。

2012年1月10日に,「伝える力2:池上彰著:PHP研究所」も出版されましたが,個人的には「伝える力」のほうが面白かったです。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る