制限を設ける

10月14日(金)のブログでは,これまでに読んだ本として「論文の書き方:清水幾太郎 岩波書店」を紹介しました(こちらを参照してください)。

著者は,1千字,すなわち,400字詰原稿用紙2枚半で文献を紹介するという仕事を大学時代に行っていました。そこから学んだこととして以下のようなことを書いています。

・・・・枚数が小さく限られていると,否応なしに,読んだものの大部分を思い切って捨てなければならぬ。本質的なものを学び取らねばならぬ。枚数の制限というのは,精神をノンビリした受動性から苦しい能動性へ追い込むための人工的条件である。・・・・

9月5日(月)に掲載した「概要版を作成する」のブログの中で,概要版をA3版の用紙1枚で作成することを書きました(こちらを参照してください)。すなわち,これは,制限を設けて概要版を作成することです。

清水幾太郎氏は,制限内で文献を紹介するには「読んだものの大部分を思い切って捨てなければならぬ」と言っています。

概要版をA3版の用紙1枚で作成するには自分の担当した業務を整理し,概要版の中に書くべきことを選定する必要があります。このことは清水幾太郎氏が書いていることと同じです。

自分の担当した業務を紹介する場合,「あれも書きたい」,「これも書きたい」という気持ちになると思います。しかし,「あれも書く」,「これも書く」をやっていたら,A3版の用紙1枚で概要版は作成できません。制限枚数以内で書くためには,伝えるべきことの本質を探しそれを書くことが要求されます

「概要版を作成する」のブログの中で,概要版を書くことは,答案用紙の枚数が制限されている技術士の試験の受験勉強になることも書きました。

制限された枚数(制限文字数)以内で解答を書くことも,解答の本質を考えたうえで解答を書くことです。その意味から,概要版を書くことは,解答の本質を考えるトレーニングになると思います。

最後に再度,清水幾太郎氏の言葉を書きます。

枚数の制限というのは,精神をノンビリした受動性から苦しい能動性へ追い込むための人工的条件である。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る