わかりやすく書くための条件

2018年9月7日と10月7日に掲載したブログでHさんのことについて書きました(こちらこちら)。

今回のブログでは,そのHさんの5年前頃のエピソードを書きます。

Hさんは応用理学部門の技術士を持っています。地質の専門家です。地震に関しても詳しい方です。

Hさんは地質調査の会社を経営しているので,Hさんの自宅の近所の方もHさんが地質の専門家だということを知っています。

そのこともあり,Hさんの自宅の近所に住む町内会の会長さんから「地震のことをわかりやすく書いた資料を作成してほしい」との依頼がありました。町内会の方々にその資料を配布するためだそうです。町内会の方々にも地震に関することを知ってもらい防災意識を高めてもらうことが目的だそうです。

Hさんは快諾してA4判の用紙2枚で資料を作成しました。Hさんが住んでいる地域の地質の説明,地震の発生メカニズム,首都直下型地震が発生したときのHさんが住んでいる地域での被害想定などをまとめました。

町内会長に原稿(資料)を渡す前に,Hさんの会社で働いている2名の女性にその資料を読んでもらいました。2名の方とも主婦で地質や地震に関する専門知識はありません。

その資料を読んだ2名の方の感想は「内容が難しすぎてわかりません」でした。

私もそのときHさんの会社にいたのでその資料を読ませてもらいました。確かに,「地質や地震に関する専門知識を持たない一般の方が読むのには難しい」と思いました。専門家に向けて書いたような内容に思いました。地質や地震に関する専門用語も書かれていました。

Hさんは「わかりやすく書いたつもりだが」と言っていました。

このままでは町内会長に原稿(資料)を渡せないのでHさんはすぐに資料を書き直しました。

専門家に向けた資料ならば専門用語を使うことができます。しかし,専門知識を持たない一般の方には専門用語を使うことができません。専門用語を使わずに,専門知識を持たない一般の方にもその意味がわかるように書く必要があります

これが結構大変な作業だったそうです。資料を書き直すのに苦労したそうです。

何度か推敲を重ねて資料を完成させました。

完成した資料を2名の女性に再び読んでもらったところ「わかりやすくなった」という感想でした。

そのときもHさんの会社にいたのでその資料を読ませてもらいましたがわかりやすくなっていました。Hさんの苦労がその資料から読み取れました。

専門知識を持たない一般の方に向けて専門的な内容をわかりやすく書くことは難しいです。専門的な内容を掘り下げて理解していることでその内容をわかりやすく書くことができるからです。

理解したつもり」ではわかりやすく書くことができません。

例えば,専門用語の意味を掘り下げて理解していることでその専門用語を使わずにその専門用語のことをわかりやすく書くことができます。

Hさんが数回の推敲で資料をわかりやすく書くことができたのは,地質や地震に関することをHさんが掘り下げて理解していたからです。

「書くべき内容を書き手が掘り下げて理解していることでそれをわかりやすく書くことができる」

・・・これが,わかりやすく書くための条件の1つです。・・・

Hさんのエピソードを思い出しながら,改めて,このことを認識しました。

今回のブログの内容に関係したブログを過去にも書いているので参考にしてください。

*本質を理解すること(パートⅠ):こちら
*本質を理解すること(パートⅡ):こちら
*本質を理解すること(パートⅢ):こちら

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 「マンガでわかる技術文書の書き方」の内容の説明:第12回「マンガでわかる技術文書の書き方」の内容の説明:第12回 「マンガでわかる技術文書の書き方」の内容の説明の第12回として,3つの視点の中の「内容が明確に伝わる技術文書を書くうえで必要なこと」を説明します。   […]
  • 会社設立時のこと会社設立時のこと 8月18日のブログ(会社の名前(商号))では(こちらを参照してください),弊社の社名決定の経緯を書きました。今回は会社設立時のことを書きます。   有限会社 […]
  • 受験勉強の質を高める受験勉強の質を高める 【技術士第二次試験・受験勉強方法の鉄則:31回】 ◆受験勉強方法を考える ◆受験勉強の質を高める   「受験勉強をする時間がなかったから試験に合格で […]
  • 台風に伴う大雨による災害台風に伴う大雨による災害 2019年もあと5時間程度で終わります。   元号が平成から令和に変わったことが2019年での大きな出来事の1つです。昭和から平成に変わったときに比べて平成 […]
  • Simple is BestSimple is Best Simple is […]

JTAPCO個人解説オンラインセミナー! 好評受付中。

zoomを使いオンラインで解説するマンツーマン形式での解説です(平成4年度に初めて受験される方が対象です)

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る