本質を理解すること(パートⅡ)

「伝えるべき内容(例えば,業務の内容等)を書き手が掘り下げて理解していることで,わかりやすい文書を書くことができる」ということを認識する必要があります。

「掘り下げて理解すること」とは「本質を理解すること」と同じです。したがって,「伝えるべき内容を書き手が掘り下げて理解していることで,わかりやすい文書を書くことができる」とは,「伝えるべき内容の本質を書き手が理解していることで,わかりやすい文書を書くことができる」です。

今年で,東日本大震災が発生してから5年になります。東日本大震災では,浦安市で発生した液状化が,地震時の災害として大きくニュースで取り上げられました。

例えば,液状化や液状化に関連したことに関してまったく知識のない人に,液状化のことがわかるように伝えるには,自分が,液状化や液状化に関連したことを掘り下げて理解していないと(本質を理解していないと),とても説明できません。不正確な知識,浅い理解では,相手がわかるはずはありません。

「液状化は,緩い砂質土地盤で・・・・」と説明しても,「緩いとはどのような状態ですか?」,「砂質土地盤とはどのような地盤ですか? 砂質土地盤の定義はありますか?」,「なぜ,砂のような地盤だけで液状化が発生し,関東ローム層のような粘土の地盤では液状化が発生しないのですか?」等,掘り下げて質問されたら,説明できないことが出てくると思います。

「掘り下げて理解すること」あるいは「本質を理解すること」でわかりやすい文書が書けることは,よく考えれば当たり前のことかもしれません。しかし,これは,あまり認識されていないような気がします。

「わかりやすい文書の書き方」の講習会では,必ず,「伝えるべき内容を書き手が掘り下げて理解していることで,わかりやすい文書を書くことができる」ということを解説しています。

講習会後,出席者の方々に書いていただいたアンケート結果を読むと,「このことに初めて気が付いた」と書かれた方もいらっしゃいました。今年の2月18日に実施した「わかりやすい文書の書き方」に関する講習会でも,「伝える内容をよく理解していないと伝わらないということに気がつけたのは良かった」とアンケートに書かれた方がいらっしゃいました。

「伝える力(池上彰著:PHP研究所)」の中で,池上さんは,次のようなことを書いています。

◆「伝える」ために大事なこと。それはまず自分自身がしっかり理解することです。自分がわかっていないと,相手に伝わるはずがないからです。

掘り下げて理解すること(本質を理解すること)が重要なことは,「伝える」うえでも,「書く」うえでも同じだと思います。

一度,自分の専門分野での専門用語を,小学生にもわかるように説明できるかどうかをチェックしてみたらどうですか?

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る