カタカナ語

今回もまた「言葉」をテーマにしたブログです。

先月末,小池百合子東京都知事の定例記者会見のニュースを見て気が付いたことがあります。それは,都知事がカタカナ語を多用することです。

*都民ファースト
*アスリートファースト
*ベストなソリューション
*ワイズスペンディング
*レガシー

今回のブログで,都知事のカタカナ語の多用を批判するつもりはありません。理由は,都知事のことを批判できないからです。私もときどきカタカナ語を使うからです。

*エビデンス
*ペンディング
*フィックス
*ビジュアル
*タイト
*プライオリティ  などなど・・・・

ただ,ある分野の中では市民権を得ているカタカナ語もあると思います。

例えば,土木関係の技術者の中では,「スマートインターチェンジ」,「パブリックインボルブメント」,「メンテナンスサイクル」,「コンパクトシティー」,「ユニバーサルデザイン」などは市民権を得ているカタカナ語だと思います。

他の分野でも市民権を得ているカタカナ語もあると思います。

また,小池百合子東京都知事が使っているカタカナ語を聞いて思ったことがあります。

それは,「カタカナ語を使わずに日本語を使った方が,自分の考えを聞く人に訴える力があるのでは・・・・・」ということです。

例えば,「都民ファースト」や「アスリートファースト」です。これらを「都民のことを第一に考える・都民のことを最も優先して考える」や「選手のことを第一に考える・選手のことを最も優先して考える」と言った方が,都民や選手も「小池百合子東京都知事は,我々のことを第一に考えてくれる」と思うのではないでしょうか。

「都民ファースト」や「アスリートファースト」という言葉は,都民や選手に対してその意味することを訴える力が弱いように思うのですが・・・・。いかがでしょうか?

これを,弊社の言葉で言えば,「日本語を使った方が聞き手にその内容が明確に伝わる」です。

平日の朝はNHKの「おはよう日本」を毎日見ています。先日の朝,テレビのスイッチを入れた瞬間,「アウティング どう向き合うか」というタイトルが目に入ってきました。

この言葉を見た瞬間・・・・「エッ!アウティングって何?」と,頭の中が固まりました。

「アウティング」・・・・・わかりますか?

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る