“教材”の読み方を考える

【技術士試験・受験勉強方法の鉄則29】

 ◆受験勉強方法を考える
 ◆“教材”の読み方を考える

受験生の方々は,例えば,以下のような教材を使って受験勉強をすると思います。

受験対策書,専門分野の専門書,専門分野の雑誌,受験部門に関連した白書,専門紙や全国紙,国などのウェブサイトあるいは専門分野に関係する記事を掲載しているウェブサイトからの資料,受験指導会社が配布するテキスト,etc・・・

これらの教材をどのように読んでいますか? 

今回は,読んだ内容が頭の中にしっかりと入る教材の読み方を解説します。

「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」と考えて読む

ここで解説するのは,「『結局,ここでは何が言いたいのだろう?』と考えて教材を読む」という読み方です。読んだことを頭の中にしっかりと入れることを目的としています。

以下の文章は,気象庁のウェブサイトに出ている“黄砂現象”に関する説明です。この文章を,「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」と考えながら読んでください。この答えがすぐに出なかったら何度も読み返してください。


【黄砂現象とは】

黄砂現象とは,東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠,タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がった黄砂粒子が浮遊しつつ降下する現象を指します。日本における黄砂現象は,春に観測されることが多く,時には空が黄褐色に煙ることがあります。

黄砂現象発生の有無や黄砂の飛来量は,発生域の強風の程度に加えて,地表面の状態(植生,積雪の有無,土壌水分量,地表面の土壌粒径など)や上空の風の状態によって大きく左右されます。黄砂粒子はいったん大気中に舞い上がると,比較的大きな粒子(粒径が10マイクロメートル以上(1マイクロメートルは1ミリメートルの千分の一の長さ))は重力によって速やかに落下しますが,小さな粒子(粒径が数マイクロメートル以下)は上空の風によって遠くまで運ばれます。例えば,東アジアが起源の黄砂粒子が太平洋を横断し,北米やグリーンランドへ輸送されたことも報告されています。


どうでしょうか? 文章の内容が頭の中にしっかりと入ったと思います。

「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」という意識を持って読むと文章の読み方が変わります。

この答えを出すため文章の内容を1文ずつ確認しながら読みます。1度読んだだけでは答えが出ない場合には何度も読み返します。また,「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」と考えて読むことは,文章の内容の要約を考えながら読むことです。

このような読み方によって読みが深くなることで文章の内容が頭の中にしっかりと入ります。

“かたまり”を考える

この読み方で教材を読むときには,自分で“かたまり”を決め,そのかたまり”に対して,「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」と考えてください。

ただし,“かたまり”の定義はありません。章,節,項のような見出しの項目を各々かたまりと考えてもかまいません。あるいは,単独の見出しをかたまりと考えてもかまいません。これは,以下のようなことです。

以下の資料は,「全国地球温暖化防止活動推進センター」のウェブサイトに掲載されている「地球温暖化の原因と予測」という記事の抜粋です。この中の「地球温暖化の原因と予測」「地球温暖化のメカニズム」というオレンジ色の文字で書かれた見出しの内容を1つのかたまりと考えて,このかたまりに対して,「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」と考えることです。

教材の構成や内容に基づき自由に“かたまり”を決めてください。

技術士試験での受験勉強のときだけではなく,仕事で何かを読む場合にも「結局,ここでは何が言いたいのだろう?」と考えながら読んでください。

読んだ内容が頭の中にしっかりと入ります。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る