技術士第二次試験対策:他部門の過去問を読んでわかること

11月10日(土)に開催するセミナーでの資料作成のため他部門の過去問を読んでいます注1)・注2)
注1):現在保有しているのは建設部門です。
注2):課題解決能力の問題を対象にしています。

他部門の過去問を読んでいると,課題解決能力の問題(平成31年度からは“問題解決能力及び課題遂行能力”の問題)の解答を考えるためには,日本が抱えている問題や課題あるいは技術の分野で話題になっていることなどに関心を持つことが重要いうことが改めてわかります。

また,これらと,自分の受験する部門(選択科目)との関係を考える必要があることもわかります。

「平成30年度:情報工学部門・コンピューター工学・Ⅲ-2」は,食品廃棄や食品ロスに関する問題でした。

「平成30年度:応用理学部門・物理及び化学・Ⅲ-2」は,電気自動車の普及に関する問題でした。

「食品廃棄や食品ロス」は日本が抱えている問題ですし,「電気自動車の普及」は日本(あるいは世界)の技術の分野で話題になっていることです。

建設部門で,食品廃棄や食品ロスに関する問題が出題されることはまずないと思います。

しかし,電気自動車の普及に関する問題は,建設部門・道路では出題される可能性があります。“電気自動車の普及”というキーワードを主とした問題は出題されなくても,解答の中に“電気自動車”というキーワードを入れる必要があるかもしれません。

来年度の技術士第二次試験を受験される方は,繰り返しになりますが,日本が抱えている問題や課題あるいは技術の分野で話題になっていることなどに関心を持ち,自分の受験する部門(選択科目)とこれらとの関係を考えてください。

後日,「他選択科目の過去問を読んでわかること」をテーマとしたブログを書きます。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る