技術士第二次試験の合格発表

10月30日(火)に技術士第二次試験の筆記試験の合格発表があります(予定)。

今年受験された方は発表の日まで落ち着かないと思います。特に,自己採点で合否が微妙な方は「合格か?」,「不合格か?」という気持ちだと思います。

現在は,日本技術士会のホームページで筆記試験の合否が確認できます。

私が建設部門を受験したときにはインターネットというものがなかったのでこのような方法では合否が確認できませんでした。インターネットという技術は確立されていたのかもしれませんが,一般の人が簡単に利用できる技術ではありませんでした。パソコンのOSもMS-DOSでした。

合否を確認する方法は以下の3通りでした(たぶんこの3通りだと思います)。

■官報で合否を確認する。
■科学技術庁に行って合否を確認する。
*私が受験したときにはまだ文部科学省は存在しませんでした。そのため,技術士の資格は科学技術庁の管轄でした。
■日本技術士会に行って合否を確認する。
*東京では確認できました。地域本部での確認の可否は未確認ですがたぶん可能だったと思います。

私は,科学技術庁に行って筆記試験の合否を確認しました。合格発表の日に都内で打合わせがあったので,打合せが終わったあと帰社する前に科学技術庁に行くことができたからです。

霞が関にある科学技術庁に行くとロビーにテーブルが数台置かれておりその上に合格者の受験番号と名前が書いてある冊子が置いてありました。4~5冊の冊子が置いてあったように記憶しています。

その当時はまだ個人情報の扱いが厳しくなかったのでその冊子には受験番号と氏名が記載されていました。官報にも受験番号と氏名が記載されていました。今では考えられません。

科学技術庁に行ったのが午後4時頃だったので合否を確認していたのは数人の方でした。

キドキしながら冊子をめくりました。

「建設部門・土質及び基礎」のところを見ると自分の受験番号と氏名が記載されていました。

自己採点で合否が微妙だったので,自分の受験番号と氏名を見たときには本当にうれしかったです。思わずガッツポーズをしました。

面接試験の結果も霞が関の科学技術庁に行って確認しました。

面接試験でミスを犯したので不合格を覚悟していましたが,自分の受験番号と氏名を見たときには筆記試験のとき以上にうれしかったです。ガッツポーズをしながら小さな声で「ヨシッ!」と言ったのを覚えています。

技術士第二次試験の合格発表の頃になると科学技術庁に行って試験の合否を確認したときのことを思い出します。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 10連休10連休 4月27日(土)から始まった10連休が今日5月6日(月)で終わりました。   仕事を10日間休めた方,この間も仕事をしていた方など様々だったと思います。不動 […]
  • “技術士”という資格の知名度“技術士”という資格の知名度 一般の人々の中で,技術士という資格の知名度は低いです。「技術士って何?」という方がほとんどだと思います。残念ながら・・・   逆に,建設関係,特に土木関係の […]
  • “出社困難”という新たな課題“出社困難”という新たな課題 “出社困難”という言葉を知っていますか?   「“帰宅困難者”という言葉は知っているが“出社困難”という言葉は知らない」という方が多いのではないでしょうか。 […]
  • 選挙に対する姿勢選挙に対する姿勢 第25回参議院議員通常選挙が2019年7月21日(日曜日)に行われました。投票率が48.8%(前回比:5.90ポイント減)と低くかったそうです。   投票率 […]
  • 経験することでわかること(学ぶこと)がある経験することでわかること(学ぶこと)がある 確定申告の時期が来ました。確定申告の期間は2019年2月18日(月)から3月15日(金)までです。   今日から確定申告書の作成を始めました。提出期限間近に […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る