わかりやすく説明することを考えながら読む

【技術士試験・受験勉強方法の鉄則:18回】

 ◆受験勉強方法を考えること
 ◆わかりやすく説明することを考えながら読む

「わかりやすく<伝える>技術:池上彰著:講談社現代新書 2003」の中で,池上氏は以下のようなことを書いています。これは,「本当に理解していればざっくり説明できる」という見出しでの内容です。

・・・略・・・

それに気づいたのは,イラク政治の専門家である酒井啓子さん(当時はアジア経済研究所の所属,現在は東京外国語大学大学院教授)に,「こどもニュース」のゲストとして解説していただいたときのことです。

 酒井さんは,イスラム教やイラクという国について,本当にざっくりと説明してくださいます。私も,イスラム教やイラクについては,それなりに理解していたつもりですが,酒井さんのようにざっくりと説明するなんて,とても恐ろしくてできませんでした。「え,そんな説明でいいの?」と思うぐらい,子どもにもわかりやすい説明でした。

 本当によく理解している人は,こんなふうにざっくりとひと言で説明できるのだなと思いました。

 それは,大胆に省略できるからです。何を話すかではなく,何を割愛するか,ということも大事なこと。全体像が頭に入っていますから,落とすべき要素を選択できるのです。

 よく理解していれば,わかりやすく説明できる。わかりやすく説明しようと努力すれば,よく理解できる。この原則に気づきました。

・・・略・・・

池上氏が書いているこの内容は,わかりやすい文書を書くうえで非常に重要なことです。ただ,今回のブログは,技術士試験での受験勉強方法がテーマなので,後日,この内容に関連したテーマでブログを書きます。

この内容を土台にして考えると,受験勉強で使う教材を読むときのポイントがわかります。それは,

『わかりやすく説明することを考えながら読む』

です。

すなわち,これは,「読んだことをわかりやすく人に説明すること」を想定して読むことです。

読んだ内容を理解することで,その内容を,人に,わかりやすく説明できます。「理解したつもり」ではわかりやすく説明できません。

以下は,気象庁のサイトに掲載されていた「地球温暖化問題とは」です。

「この内容を,人に,わかりやすく説明しなさい」と言われたらどのように読みますか?

「この中で言いたいこと(要点)は何だろう?」,「この中で重要なことは何だろう?」,「この中で重要なキーワードは何だろう?」,「何と何を説明したらよいか?」などと考えながら読むと思います。

わかりやすく説明しなければならないので,「この内容を理解しよう!」と意識して読みます。このように読むことで読みが深まり内容が理解できます。ただ読むだけの場合に比べて理解度がアップします。

さらに,「わかりやすく説明しようと考えたこと(=理解したこと)」をノートに書くとこれらをしっかりと記憶できます。これは,ノートに書くことで,わかりやすく説明しようと考えたこと(=理解したこと)を形にするとともにそれを目で確認するからです。

一度,この勉強方法を試してください。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る