トップダウン方式とボトムアップ方式の受験勉強方法

【技術士試験・受験勉強方法の鉄則:9回】

 ◆勉強方法を考えること
 ◆トップダウン方式とボトムアップ方式の受験勉強方法

トップダウン方式とボトムアップ方式の受験勉強方法とは,技術士試験での受験勉強方法です。

「トップダウン」とは,企業経営などで,組織の上層部が意思決定をし,その実行を下部組織に指示する管理方式です。

「ボトムアップ」とは,下から意見を吸い上げて全体をまとめていく管理方式です。
*出典:デジタル大辞泉

過去問を調べその結果に基づき勉強するのがトップダウン方式の受験勉強方法です。

3月28日のブログ(こちらを参照してください),3月30日のブログ(こちらを参照してください)および7月25日のブログ(こちらを参照してください)は「過去問を調べる」がキーワードでした。

下図を見てください。

「A」が過去の試験問題だとします。Aを調べること,すなわち,過去の試験問題を調べることで出題傾向や出題内容がわかります。出題傾向や出題内容と現状での自分の技術や知識とを比べることで自分の弱点(優先的に勉強する内容)がわかります。それらがB1~B5です。

トップダウン方式の受験勉強方法では,自分の弱点を明確にするとともにそれらを優先的に勉強することがポイントです。過去問を徹底的に調べ,B6,B7,B8,B9,B10・・・・・・・と,どんどん自分の弱点(優先的に勉強する内容)を洗い出してください。

社会的な変化・技術に関係する最新の状況や社会で起こった出来事に興味を持ちそれらに関することをメモするのがボトムアップ方式の受験勉強方法です。

7月28日のブログ(こちらを参照)は,「興味を持つこと」と「メモすること」がキーワードでした。これらは,課題解決能力の問題に対する勉強方法です。

下図を見てください。

社会的な変化・技術に関係する最新の状況や社会で起こった出来事に関するメモがB1~B5です。B1~B5は,様々なことをメモした個々の内容だと考えてください。

B1~B5が解答を考えるときの材料になります。B1~B5は解答を考えるための材料が入った引き出しと考えてもよいです。Aが試験問題だとしたら,B1~B5の引き出しから材料を取り出して問題Aの解答を考えます。B1~B5まですべての材料を使って解答を考えることがあるかもしれません。あるいは,B1,B2,B5を使って解答を考えることがあるかもしれません。

ボトムアップ方式の受験勉強方法では,解答を考えるための引き出しの数を増やすことがポイントです。

例えば,B6,B7,B8,B9,B10,・・・・・・と数を増やすことで,「多様な視点」や「多面的視点」という課題解能力の問題でのキーワードにも対応できます。

今年の技術士試験で残念ながら結果を出せなかった方は,今年の受験での受験勉強方法を精査してください。

成果があった勉強方法あるいは思ったより成果が出なかった勉強方法があったと思います。それらを踏まえ,来年の受験に対する勉強方法を考えてください。当たり前のことですが,受験の合否は受験勉強の方法で決まります。

来年再度受験する方も来年初めて受験する方も,トップダウン方式とボトムアップ方式の受験勉強方法を取り入れた受験勉強を実践してください。勉強の成果が必ず出ると思います。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る