日々のオンザジョブトレーニングを実践する(パートⅢ)

弊社では,日々のオンザジョブトレーニングの実践を後押しするため,「日々のオンザジョブトレーニング実践のポイント」を作成する予定です。日々のオンザジョブトレーニングの実践で,わかりやすい文章を書くためのポイントが徐々にわかってくるからです。

日々のオンザジョブトレーニング実践のポイントとは,職場で日々実践していただくことをまとめたものです。例えば,以下のような内容(案)です。


【ポイント番号△】
「相手に何かを報告する場合には,報告すべき要点(内容の要点)を冒頭に話してください。例えば,上司に検討結果を報告する場合,『検討結果は〇〇です』のように結論を冒頭に話すことです」

各ポイントには,【解説】として,その実践の目的や留意事項を書きます。

【解説】
この実践は,内容の要点を考えるとともに,内容の要点を明確に伝える(内容の要点を冒頭に話す)ことを目的としたトレーニングです。会話の中でこのようなトレーニングをすることが,文章を書く場合に「内容の要点を考えそれを明確に書こう」という意識につながります。


【ポイント番号○】
「昼休みや一日の仕事が終わったあとなどに,その日に仕事で書いた文章,例えば報告書,打ち合わせ資料あるいはメールなどを一度読み返してください。その中に,一文の文字数が100文字を超える文があったら,一文一義の考え方に基づき,その文を複数の文に分けることができるかどうかをチェックしてください。分けることができる場合には複数の文に書き直してください」

【解説】
この実践は,文を短く書くことを目的としたトレーニングです。文を短く書くことで読み手に文章の内容が明確に伝わります。文を短く書くことは,わかりやすい文章を書くときの重要なポイントです。すなわち,内容の要点を考えそれを明確に書くときの重要なポイントです。なお,このトレーニングは不定期でも結構ですから継続して行ってください。継続することで,文を短く書くポイントが徐々にわかってきます。


以上のような内容(案)で,「日々のオンザジョブトレーニング実践のポイント」を作成する予定です。これを活用していただき「文章を書くことに慣れていない・文章を書くことが苦手」という弱点を克服してください。

日々のオンザジョブトレーニングのコンセプトは,「無理なくできることを継続して実践すること」です。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • ジェイタプコ主催のセミナーのご案内ジェイタプコ主催のセミナーのご案内 2018年11月10日(土)に,弊社(ジェイタプコ)主催のセミナーを開催します。   セミナーのテーマは・・・   “平成31年度・技術士 […]
  • 見た目を良くする見た目を良くする 「文書・図表・イラスト 一目でわかる表現の心理技法 海保博之著 共立出版株式会社」という本があります(こちら)。   この本は,わかりやすい文書を書くうえで […]
  • メンテナンス(維持管理をするということ)メンテナンス(維持管理をするということ) 2020年2月29日(土)の夜にNHK総合テレビで以下の番組が放送されました。 「NHKスペシャル:東京リボーン・第4集・巨大インフラ […]
  • 水不足水不足 関東地方では,この夏,水不足のため6月の中旬から10%の取水制限が実施されています。取水制限が実施されていますが,日々の生活には支障がありません。取水制限が20%になると場所によ […]
  • 技術士第二次試験対策:技術士に求められる資質能力(コンピテンシー):その3技術士第二次試験対策:技術士に求められる資質能力(コンピテンシー):その3 2018年4月14日に掲載したブログで,平成31年度・技術士第二次試験の試験方法の改正内容について書きました(こちら)。   また,2018年7月19日と7 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る