これまでに読んだ本から(33冊目):【脳に悪い7つの習慣】

今回は,「脳に悪い7つの習慣」を紹介します。

「脳に悪い7つの習慣:林成之:幻冬舎新書」

著者は,脳に悪い習慣として以下の7項目を挙げています。

①「興味がない」と物事を避けることが多い
②「嫌だ」,「疲れた」とグチを言う
③言われたことをコツコツやる
④常に効率を考えている
⑤やりたくないのに,我慢して勉強する
⑥スポーツや絵などの趣味がない
⑦めったに人をほめない

この本では,これらをやめるだけで頭の働きが倍増する理由を,脳のしくみからわかりやすく解説しています。

これらの中で当てはまる項目がありますか?

来年早々から,平成31年度の技術士第二次試験に向けての受験勉強を始める方も多いと思います。そのような方は以下の内容が参考になると思います。


目的と目標は分けなければ達成できない

・・・・略・・・・

みなさんは常日ごろ,「目的」と「目標」を分けて考えていますか?

たとえば「がんばって契約を取ってきます」というのは,ただの「目的」です。「目標」とは,契約を取るために何をするか,やるべきことを具体的にしたもののことをいいます。ということは,目的を達成するためには,いくつもの目標があることになります。しかしながら,それを明確にしないまま「がんばります」という人は少なくありません。

根性論で「がんばります」とだけ言っても,脳は何をがんばればいいのかわかりません。「がんばります」は,脳にとっては意味不明な言葉なのです。

・・・・略・・・・

脳を正しくがんばらせるには,「具体的に何をするか」「いつまでにするか」「今日は何をするか」などの目標を明確にする必要があります。


例えば,「技術士第二次試験の合格を目指して毎日がんばって勉強するぞ」は脳にとっては意味不明な言葉です。何をどのようにがんばるのか脳はわかりません。

「合格を目指して,仕事で帰宅時間が遅くなっても,平日は,毎日必ず2時間以上勉強をするぞ」などのように具体的にすべきことを目標とすることで脳がただしくがんばります。

例えば,技術士第二次試験を受験される方は,受験の目的とその目的を達成するための目標をノートなどに書きそれを常にチェックすることで,脳に対してはっきりとがんばる方向性を決めるようなことをしたらどうでしょうか?

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 仕事のノルマと技術者の倫理仕事のノルマと技術者の倫理 ここ数年,日本では,技術分野において,データの改ざんなどの不正行為が立て続けに明らかになっています。   *杭打ちデータの改ざん […]
  • マンガでわかる統計学マンガでわかる統計学 オーム社さんから“マンガでわかる統計学”という本が出版されています。2018年2月25日で第1版第25刷です。専門書では異例の発行部数だそうです。国内だけではなく海外でも出版され […]
  • 技術士第二次試験対策:“彼を知り己を知れば百戦殆うからず”技術士第二次試験対策:“彼を知り己を知れば百戦殆うからず” “彼を知り己を知れば百戦殆うからず”(敵を知り,己を知れば,百回戦っても負けはしない)   これは,孫子の兵法の中の有名な格言です。 2016年3月2 […]
  • “アイデア”について“アイデア”について 2019年2月5日に掲載したブログのテーマは「これまでに読んだ本から(36冊目):【アイデアのつくり方】」でした(こちら)。   今回のブログはこの本の内容 […]
  • これまでに読んだ本から(10冊目):【ビミョーな日本語】これまでに読んだ本から(10冊目):【ビミョーな日本語】 今回は,「ビミョーな日本語」を紹介します。 ◆「ビミョーな日本語:和田みちこ著:スリーエーネットワーク」   この本は,同音異義語と異字同訓の言葉をま […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る