技術士第二次試験対策:過去の技術士第二次試験を振り返る

弊社では,「技術士試験に関する確認質問書無料配布サービス,無料相談」を行っておりましたがこのメニューをリニューアルしました。

リニューアル後のタイトルは,「技術士第二次試験:不合格の原因を分析し合格へ」です。技術士第二次試験を過去に受験したが残念ながら不合格になった方に向けた内容ですこちら)。

技術士第二次試験対策として以下のことを何度もJTAPCOブログで書いています。

“彼を知り己を知れば百戦殆からず”

これまで,技術士第二次試験の問題に対しての現状での技術力を確認する意味で“己を知る”という格言(言葉)を使っていました。

「過去の技術士第二次試験を振り返る」では,この“己を知る”ということについて以下のように解釈しています。

過去の技術士第二次試験を振り返り,不合格の原因究明をすることやその原因を取り除くための方法(受験勉強方法などの改善点)の検討すること

不合格になると,不合格だった・・・勉強不足が不合格の原因だ・・・勉強量を増やそう・・・と考えると思います。

このように考えて受験勉強を始める前に,一度立ち止まり過去の技術士第二次試験について振り返ってみませんか?

*「絶対に合格する!」という強い気持ちを持って勉強をしましたか?
*前回の勉強方法に対する改善点はありませんか?
*時間を有効に使って勉強をしましたか?
*時間内で答案用紙に解答を書くことができましたか?

過去の技術士第二次試験のことを振り返ることで不合格の原因が見えてくると思います。また,その原因を取り除くための方法(受験勉強方法などの改善点)が見えてくると思います。

「一度,過去の試験を振り返ってみよう」と思った方は,「過去の技術士第二次試験を振り返るための質問書」を活用してください。そして,技術士の試験の合格を目指してください。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • “アイデア”について“アイデア”について 2019年2月5日に掲載したブログのテーマは「これまでに読んだ本から(36冊目):【アイデアのつくり方】」でした(こちら)。   今回のブログはこの本の内容 […]
  • 技術士第二次試験対策:違った視点で添削指導を受ける技術士第二次試験対策:違った視点で添削指導を受ける 2019年3月15日と3月18日に添削指導を受けることに関するブログを掲載しました(こちらとこちら)。今回も,添削指導を受けることに関する内容のブログです。   […]
  • 記憶について記憶について 先日,NHKテレビで放送している「NHKニュースおはよう日本」という番組で「スマホ脳」について特集していました。 スマートフォンが脳に及ぼすリスクを科学的に検証する […]
  • セミナー開催中止の件セミナー開催中止の件 2020年4月11日(土)のセミナーの開催を中止させていただきます(こちら)。   昨日の小池東京都知事の発言を受けてセミナーの開催を中止させていただくこと […]
  • 予想問題を考える予想問題を考える 今日,1月17日で阪神淡路大震災の発生から27年目になります。1995年1月17日の5時46分に発生しました。あの大惨事からもう27年も経ったのかという気持ちです。 […]

JTAPCO個人解説オンラインセミナー! 好評受付中。

zoomを使いオンラインで解説するマンツーマン形式での解説です(平成4年度に初めて受験される方が対象です)

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る