ラジオでのマラソンの実況放送について

先日の日曜日(3月10日),ラジオを聴きながら昼食を食べようと思いラジオのスイッチを入れチューニングをしていたらNHKFMで「第74回琵琶湖毎日マラソン」を放送していました。

特に聴きたい番組がなかったのでそのままマラソンの実況放送を聴いていました。

マラソンの実況放送を聴きながら思ったのは,「ラジオでのマラソンの実況放送を聴いていると選手が走っている状況が頭の中に浮かんでくる」ということです。

マラソンをテレビで見ているときには選手が画面に映し出されるので,その映像を見れば選手が今どのような状況で走っているのかがわかります。

しかし,ラジオの場合には映像がないので,アナウンサーの実況放送から選手が今どのような状況で走っているのかを頭の中で想像する必要があります。

先日,アナウンサーによる実況放送を聴いていて,選手が走っている状況ラソンコースの状況この日は小雨が降っていました)などが頭の中に浮かんできました。

マラソンの実況放送だけではなく,サッカーや野球の実況放送などをラジオで聴いていても試合の状況が頭の中に浮かんできます。

スポーツの実況放送を担当するアナウンサーは,おそらく事前にスポーツを実況する方法を勉強するのだと思います。そうでなければ,競技や試合の内容が頭の中に浮かんでくるような実況放送はできないと思います。

わかりやすい文書の書き方の3原則での第1原則「書き手と読み手の違いを認識すること」です。すなわち,「書き手は知っている人,読み手は知らない人を認識すること」です。

スポーツを実況する方法のポイントはわかりませんが,聴き手のことを考えて話す内容(伝える内容)を考えるのかもしれません。

スポーツの実況放送をする場合も,「話し手と聴き手の違いを認識すること」,すなわち,「話す人は知っている人,聴く人は知らない人を認識することが重要」ということでしょうか。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • わかりにくい宣伝(その1)わかりにくい宣伝(その1) 会社の近くにある自動販売機でときどき購入する飲み物があります。ある会社の甘酒です。暖かい飲み物なので寒い日などに購入しています。少し甘いですがこの甘酒が好きです。 &nbs […]
  • 読み手の立場で考える(「自分が読み手だったら・・・」と考える)読み手の立場で考える(「自分が読み手だったら・・・」と考える) わかりやすい文書の書き方の3原則での第1原則は,「書き手と読み手の違いを認識する」です。   すなわち,わかりやすい文書を書くうえで重要なことの1つは,読み […]
  • デザインを考える(その2)デザインを考える(その2) 2018年12月24日に「デザインを考える(その1)」をテーマにしたブログを掲載しました(こちら)。   デザイン・ルールズ(こちら)という本から学んだこと […]
  • とにかく書いてみるとにかく書いてみる 2018年1月31日に「書いてみなはれ」というテーマのブログを掲載しました(こちら)。 今回のブログはこのブログに関連した内容です。   JTAPCO […]
  • “通信教育講座”の開講について“通信教育講座”の開講について 大好評セミナーが通信教育講座として開講いたしました!   (株)R&D支援センター主催の「わかりやすい文書の書き方」に関する通信教育講座が4月から始まります […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る