ノートに手で書き出すこと(JTAPCOの理論)

「技術士第二次試験・受験勉強方法の鉄則7」「ノートを使って勉強すること」について書きました(こちら)。

この中で以下のことを書きました。


受験勉強をするときには学んだことをノートに書いてください。学んだことをノートに手で書くことで学んだことが頭の中に残ります。学んだことを,ワードなどのソフトを使ってパソコンの画面上に書く方もいらっしゃると思います。しかし,パソコンよりノートを使ったほうが頭の中に残ります。ノートに手で書くことで脳が活発に活動するのかもしれません。パソコン派の方もノートを使って勉強することをお薦めします。


“ノートに手で書くことで脳が活発に活動するのかもしれません”というのは“JTAPCOの理論”です。科学的な根拠はありません。経験に基づく理論です。

弊社では,セミナーの企画などを考える場合にはその内容を必ずノートに書き出します。

ノートに書き出さずに頭の中だけで内容を考えたり,パソコンのディスプレイを見ながら内容を考えたりしてもなかなかアイデアは出てきません。

これに対して,ノートに手で内容を書き出すと頭が活発に活動して様々なアイデアが出てきます。

ブログの原稿を作成するときも同じです。ブログのテーマによっては,頭の中だけで考えたり,パソコンのディスプレイを見ながら考えたりしても文や文章がすぐに出てこないことがあります。

このようなときには,テーマに関して思い浮かぶ文や文章をノートに手で書き出します。すると,頭が活発に活動してその後どんどん文や文章が出てきます。

これらの経験から,“JTAPCOの理論”を考えました。

ノートに手で書き出すときには,書き出す内容をきれいに書く必要はありません。走り書きで十分です。ノートの内容を他人に見せるわけではありません自分がわかればよいです。逆に,走り書きの方が頭が活発に活動するような気がします。

思い付いたことをどんどん書き出すことから,きれいに書く場合より頭が活発に活動するのかもしれません。

赤鉛筆,蛍光ペンあるいは多色ボールペンなどを使って書き出す内容にメリハリを付けることも頭を活発に働かせる効果があります。

頭の中を活発に活動させて仕事や受験勉強をしたいと思った方は,「ノートを使って手で書き出す方法」を実践してください。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • “教えてあげる”という発想で文書を書く“教えてあげる”という発想で文書を書く 2019年7月7日に“大阪商工会議所主催のセミナーについて”というテーマのブログを掲載しました。この中で以下のことを書きました(こちら)。   “中堅・中小企業 […]
  • A3判の用紙1枚で作成した業務の概要版の利用方法(その1)A3判の用紙1枚で作成した業務の概要版の利用方法(その1) 2016年9月5日のブログでは,「技術士試験・受験勉強方法の鉄則」に関する内容で,「自分が担当した業務の概要版をA3版の用紙1枚で作成すること」について書きました(こちら)。 […]
  • 伝達力の品質向上伝達力の品質向上 技術者は,自分の技術力をお客様に提供することで,お客様から技術力に対する費用をいただきます。そのため,技術者に最も必要なものは技術力です。   技術力とは, […]
  • やってみなはれやってみなはれ 2018年1月31日のブログのテーマは「書いてみなはれ」でした(こちら)。   このブログの中で以下のことを書きました。 「やってみなはれ。や […]
  • わかりにくい宣伝(その1)わかりにくい宣伝(その1) 会社の近くにある自動販売機でときどき購入する飲み物があります。ある会社の甘酒です。暖かい飲み物なので寒い日などに購入しています。少し甘いですがこの甘酒が好きです。 &nbs […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る