受験勉強の時間を確保する(その1)

【技術士試験・受験勉強方法の鉄則:20回】

 ◆意識を変える
 ◆受験勉強の時間を確保する(その1)

受験勉強方法の鉄則の20回目は,受験勉強の時間の確保について書きます。

来年初めて受験する方,今年不合格だったので来年再度受験する方・・・いろいろだと思います。

すべての受験生の方に共通した悩みの1つは,受験勉強の時間を確保することだと思います。

技術士を受験される方は,仕事をしながら受験勉強をします。大学受験での浪人生のように,毎日,朝から夜中まで受験勉強をすることはできません。

そのため,仕事をする中で,受験勉強の時間の確保が必要です。

合格体験者の話を聞いていると,受験勉強の時間を確保することに関して以下のような説明をする方が多いです。

*月曜日~金曜日(平日)は,基本的に,帰宅後○時~○時まで勉強した。

*帰宅時間がどんなに遅くなっても,○時間勉強した。

*土日祝日は○時~○時まで勉強した。

*土日祝日は家族がいて集中して勉強できないので,図書館に行って勉強することで受験勉強の時間を確保した。

*平日の朝はいつもより早く起きて会社に行く前に喫茶店で勉強した。

*昼休みや通勤時間に勉強した。

などなど・・・

難関な試験に合格された方々なので,皆さん,受験勉強の時間の確保に苦労されていることがわかります。

私が建設部門を受験したときは,まだ会社員だったので,基本的に,これらと同じような方法で受験勉強の時間を確保しました。

図書館で勉強したり,喫茶店で勉強したりすることはありませんでしたが・・・。

ただ,この他にもいろいろ工夫して受験勉強の時間を確保しました。

工夫して勉強時間を確保するうえで重要だったのは,「絶対に合格する!」という強い気持ちでした。過去のブログでもこれについて書きました(こちら)。

「絶対に合格する!」という強い気持ちを持てば,「なんとか時間を確保しよう」と必死になります。

すなわち,意識を変えれば,受験勉強の時間が地下水のように湧き出てきます。

受験勉強の時間は,上に書いたようなまとまった時間だけではありません。

電車やバスを待つ時間,顧客の会社での打合せ時に相手が出てくるまでの時間,人との待ち合わせしたときの待ち時間,夜布団に入って寝るまでの時間,・・・

これらの時間も受験勉強の時間です。

このような10分か15分程度の時間など,一日の中ですぐに見つかります。「たかが10分・15分」と決して思わないでください。「塵も積もれば山となる」です。「されど10分・15分」です。

一日にこのような時間をつみ重ねて30分の受験勉強の時間を確保したとします。一週間では3時間半確保できます。

ただ,10分か15分程度の時間の有効活用方法を考えることも必要です。このような時間では,“がっつり”とした勉強はできません。暗記が中心になると思います。もちろん,暗記の他にも勉強できますが・・・。

また,外出するときには,参考図書・雑誌や受験勉強で使っているノートなどの受験教材を必ず持参してください。これらの受験教材を使って,10分か15分程度の時間で受験勉強をするためです。

もちらん,これらを忘れたても受験勉強はできます。工夫次第です。ただ,メモ帳とペンなどの筆記用具は最低限に必要ですが・・・。

ちなみに,10分か15分程度の時間を使っての受験勉強は,すべて自分の経験談に基づく内容です。とにかく,一日の中で10分でも15分でも空き時間があればその時間で受験勉強をしました。

再度書きます。

「絶対に合格する!」という強い気持ちを持ってください。この気持ちを持てば,自分で受験勉強の時間を必死になってつくります。その結果,受験勉強の時間が地下水のように湧き出てきます。

次回は,「受験勉強の時間を確保する(その2)」として,「仕事をする中での受験勉強の時間の確保」について書きます。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る