英語教育と国語力について

先日,以下のようなタイトルの社説が産経新聞に掲載されていました。

「話す」土台の国語鍛えよ

この社説は,全国学力テストでの英語の結果を受けた内容です。全国学力テストは,中学3年生を対象にして今年の4月18日に実施されました(小学6年生も対象でした)。

この試験結果から,「『話す』のが苦手で,基本的な文法も身についていない」ということが明らかになったそうです。

この社説の一部を抜粋します。

文章の空欄に接続詞を入れる問では,「but」が正解なのに「because」と答えた生徒が目立った。そもそも,文章を理解する国語力に課題があるのではないか。
コミュニケーションの基礎となるのは,相手の言葉をよく聞き,理解する読解力だ。これを支えるのは国語力である。あらゆる教科につながる知的基盤だ。それは日頃からの読書などを含め培われるものだ。英語早期化を焦り国語力育成が忘れられては困る。

文科省は,英語教育の早期化に舵を切り来年度からは小学校で英語が教科となるそうです。

確かに,英語を早い時期から勉強することは大事だと思います。今後,日本も世界とのつながりが強くなっていくので世界の中での公用語のような英語が話せることは重要です。

しかし,「英語を早い時期から学ぶこと=英語が話せるようになること」の等号は必ずしも成立しないと思うのですが・・・。

社説では「文章を理解する国語力に課題があるのではないか。・・・・英語早期化を焦り国語力育成が忘れられては困る」と書いています。

社説で書かれているように国語力に課題があるならば,「英語早期化を焦り国語力育成が忘れられては困る」という意見に一票を投じます。

社説で書いているように,コミュニケーションの基礎となるのは,相手の言葉をよく聞き,理解する読解力(国語力)です。さらに,自分の意見をまとめ相手にそれが明確に伝わるように話すには国語力が必要です。話すことだけではなく文章によるコミュニケーションも国語力が必要です。

社会人になったとき,英語が不要な仕事に就いた場合には英語ができなくても仕事をするうえでの支障はありません。しかし,国語力はどのような仕事に就いても必要です。

現在,小学校や中学校でどのような国語教育が行われているのかわかりませんが,小学校や中学生のころから国語力を高める教育が必要だと思います。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 令和最初のブログ令和最初のブログ 2019年5月1日(水)から元号が“令和”に変わりました。   昭和から平成に元号が変わるときには,今回のような祝賀ムードやお祭り騒ぎはありませんでした。こ […]
  • 経験することでわかること(学ぶこと)がある経験することでわかること(学ぶこと)がある 確定申告の時期が来ました。確定申告の期間は2019年2月18日(月)から3月15日(金)までです。   今日から確定申告書の作成を始めました。提出期限間近に […]
  • 年度末と新元号年度末と新元号 明日は3月31日(日曜日)です。平成30年度,2018年度も明日で終わりです。「平成○○年度末」という表現を使えるのも明日が最後です。   昨日,NHKのニ […]
  • “10連休”と“国民の祝日に関する法律(祝日法)”“10連休”と“国民の祝日に関する法律(祝日法)” 2019年5月6日に掲載したブログのテーマは“10連休”でした(こちら)。   今回のブログも10連休に関連した内容です。   201 […]
  • 天災は忘れた頃来る天災は忘れた頃来る 日経コンストラクション・2019年3月11日号の特集は,「『想定外』を迎え撃て」でした。 *日経コンストラクションについてはこちら。 JTAPCOブログでも,日経 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る