セミナーの開催と“卵の理論”について

2020年4月11日(土)にセミナーを開催します。

セミナーのテーマは,

≪5つの手順を使ったわかりやすい答案の書き方(建設部門対象)注1)・注2)

です。このセミナーは,“わかりやすい答案の書き方に特化した内容”です。

詳しくはこちら

日経BP社から,“5つの手順を使ったわかりやすい答案の書き方”に関する取材依頼がありました。日経BP社の記者の方にこの書き方のポイントを説明しましたが,日経コンストラクション・2020年2月10号のP36~P38にこの内容の一部が紹介されています。セミナーのポイントの1つは,パラグラフライティングの考え方に基づく“卵の理論”を解説することです。

日経コンストラクションの中ではこの“卵の理論”を以下のように書いています。

「まず簡潔に要点を書く。それから背景や理由など細部を書き込むようにすれば,論点がぶれにくい」

これは,パラグラフライティングの考え方です。

*パラグラフライティングとは,論理的に内容を伝えるための文章の書き方のことです。

“卵の理論”は,わかりやすい答案を書くうえで最も重要な考え方です。

セミナーでは,事例を使ってこの“卵の理論”をわかりやすく解説します。

注1):セミナーで解説する5つの手順を使ったわかりやすい答案の書き方”は,建設部門の方だけではなく他部門の方も試験場で答案を書く場合に使える内容です。したがって,本セミナーに,他部門で受験される方が出席されてもかまいません

注2):「5つの手順を使ったわかりやすい答案の書き方」を理解していただくため書き方の事例を多く取り入れて解説します。建設部門関連の内容を主体とした事例のため「建設部門対象」としています。しかし,建設部門関連の内容を主体とした事例でも,わかりやすい答案の書き方のポイントがわかるように解説します。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • わかり方の筋道わかり方の筋道 JTAPCOブログでは,以下のことを何度も書いています。   “伝えるべき内容を書き手が掘り下げて理解していることでわかりやすい文書が書けます”   […]
  • 文書は書けるが,わかりやすい文書が書けない文書は書けるが,わかりやすい文書が書けない 「森谷さん・・・IT分野の技術者の中で,文書が書けない技術者は多いですよ」   これは,先月,IT分野の会社で以前仕事をされていた方とお会いしたとき,その方 […]
  • 天災は忘れた頃来る天災は忘れた頃来る 日経コンストラクション・2019年3月11日号の特集は,「『想定外』を迎え撃て」でした。 *日経コンストラクションについてはこちら。 JTAPCOブログでも,日経 […]
  • クレームは宝の山クレームは宝の山 「クレームは宝の山」という言葉を聞いたり見たりしたことがあると思います。   先日,ネットでこの言葉が書いてあるコラムを読みました。「クレームは宝の山」をテ […]
  • 技術士第二次試験対策:視点を変えて添削を依頼する技術士第二次試験対策:視点を変えて添削を依頼する 例えば,建設部門・道路を受験する方が,応用能力に関する予想問題の答案の添削を依頼する場合には,建設部門・道路の技術士を持っている方に添削を依頼すると思います。 すなわち,受 […]

JTAPCO個人解説オンラインセミナー! 好評受付中。

zoomを使いオンラインで解説するマンツーマン形式での解説です(平成4年度に初めて受験される方が対象です)

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る