「君の書いた技術文書はわかりやすい」と言われる技術文書の書き方(その10)

『君の書いた技術文書はわかりやすい』と言われる技術文書の書き方(その9)で「6つのルールと18の書き方」の概要を解説しました。今回は,「6つのルールと18の書き方」の具体的な使い方の一例を解説します。

■ルール1(冒頭に書く)・「書き方1:要点を冒頭に書く」
書き方1について会話で考える
書き方1とは,内容に関する要点(以後,内容の要点)を冒頭に書きこの要点に関する説明(以後,要点の説明)をその後に書くことです。まず,会話の場面を使って書き方1の考え方を解説します。会話の場面を使って解説すると書き方1の考え方が理解しやすくなるからです。

面接試験で,2人の受験生(A君とB君)が面接官から次のような質問を受けたとします。

〇〇について,△△という考え方があります。あなたは,この考え方に賛成ですか,反対ですか。

〈A君の回答〉
〜であり,〜なので,〜ということを考えると,私は,△△という考え方に賛成です。

〈B君の回答〉
私は,△△という考え方に反対です。根拠は,〜,〜,~です。

面接官に,A君の回答は明確に伝わりません回答の要点(△△という考え方に対して賛成か反対かということ)を回答の最後に話しているからです。これに対して,B君の回答は明確に伝わります回答の要点(賛成か反対かということ)を回答の冒頭に話しているからです。また,B君の回答は,まず,「反対です」自分の考え(回答の要点)を言った後にその根拠(要点の説明)を話しています。このことから,自分の考え(回答)が面接官に明確に伝わります。

書き方1は,このような考え方に基づく書き方です。

次回は,今回解説した「書き方1について会話で考える」の考え方を技術文書を書く場合に適用したときについて解説します。

次回に続きます。

【参考文献】
森谷仁著,「マンガでわかる技術文書の書き方」,オーム社,令和4年3月25日

test

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • “アイデア”について“アイデア”について 2019年2月5日に掲載したブログのテーマは「これまでに読んだ本から(36冊目):【アイデアのつくり方】」でした(こちら)。   今回のブログはこの本の内容 […]
  • カタカナ語(その3 )カタカナ語(その3 ) 2016年10月8日(こちら)と2016年10月11日(こちら)に“カタカナ語”をテーマとしたブログを掲載しました。   今回は,カタカナ語をテーマとした3 […]
  • 令和最初のブログ令和最初のブログ 2019年5月1日(水)から元号が“令和”に変わりました。   昭和から平成に元号が変わるときには,今回のような祝賀ムードやお祭り騒ぎはありませんでした。こ […]
  • 英語教育と国語力について英語教育と国語力について 先日,以下のようなタイトルの社説が産経新聞に掲載されていました。   「話す」土台の国語鍛えよ   この社説は,全国学力テストでの英語の結果を […]
  • これまでに読んだ本から(38冊目) 【論理が伝わる「書く技術」:「パラグラフ・ライティング」入門】これまでに読んだ本から(38冊目) 【論理が伝わる「書く技術」:「パラグラフ・ライティング」入門】 今回は,「論理が伝わる『書く技術』:『パラグラフ・ライティング』入門」を紹介します。  ◆「論理が伝わる『書く技術』:『パラグラフ・ライティング』入門:倉橋保美:ブルーバッ […]

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

トップへ戻る