読み手の立場で考える(「自分が読み手だったら・・・」と考える)

わかりやすい文書の書き方の3原則での第1原則は,「書き手と読み手の違いを認識する」です。

すなわち,わかりやすい文書を書くうえで重要なことの1つは,読み手の立場に立って文書を書くことです。これは,自分が読み手だったら・・・」と考えて文書を書くことです。

このことは,JTAPCOブログの中で何度も書いています。

先月,業務報告書を作成しました。今年(平成30年)の9月末ごろ日本に上陸した台風24号に伴い発生した災害の対策業務です。大雨と強風によってある県の道路の路肩が崩壊しました。その復旧対策の検討です。

仕事の依頼者と仕事を分担しましたが業務報告書は弊社が作成しました。

災害が発生した日に災害発生場所近傍で観測された気象データ(以下参照)が提示され,「この気象データを業務報告書に書いてください」との指示が仕事の依頼者からありました。今回の災害は台風24号による大雨と強風が原因のため,災害発生の誘因を業務報告書に書くためです。

1.観測所名:○○
2.24時間最大雨量:9月30日1時~10月1日1時 143mm
3.時間最大雨量:9月30日21時~22時 38mm
4.瞬間風速:(○○市)12.4m/s
5.最大瞬間風速(○○市):27.6m/s

この気象データ(数値)を見て,「この雨量とこの強風ではこのような災害が発生して当然だ」と判断できる人は少ないと思います。

気象データに詳しい人や,このような気象データのときに発生した災害を経験したことがある人以外の人は,この気象データ(数値)の持つ意味がわからないと思います。

私も,この気象データ(数値)の持つ意味がわかりませんでした。

「自分が読み手だったら・・・」という視点で考えると,「この気象データをこのまま業務報告書に書いたら,読み手もこの気象データ(数値)の持つ意味がわからない可能性がある」とわかります。

逆に言えば,この気象データ(数値)の持つ意味を明確にすれば,「なるぼど,この雨量とこの強風ではこのような災害が発生するな。やはり,大雨と強風が災害の原因だ」と読み手も判断できます。

そこで,「6つのルールと17の書き方(こちら)」での“書き方11:図や写真を入れて書く”を使ってこの気象データを書くことにしました。

具体的には,気象庁のウェブサイトから以下のような資料(図)をダウンロードして,気象データとともにこの図を業務報告書に添付しました。

*業務報告書の中では,提示された気象データ(時間最大雨量:38mm,最大瞬間風速:27.6m/s)が表の中でどのランク(範囲)に入るのかがわかるようにしました。

このような資料(図)を業務報告書に添付することで,「今回のこのような災害は台風24号による大雨と強風が原因であること」が明確にわかります。

仕事の依頼者もこの書き方を見て「わかりやすいです」話されていました。

「自分が読み手だったら・・・」という視点で考え,「この書き方(この内容)では内容が明確に伝わらないだろう」と判断することが,わかりやすい文書を書くことにつながります。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • デザインを考える(その2)デザインを考える(その2) 2018年12月24日に「デザインを考える(その1)」をテーマにしたブログを掲載しました(こちら)。   デザイン・ルールズ(こちら)という本から学んだこと […]
  • 技術提案を考える場合には着目点を明確にすること技術提案を考える場合には着目点を明確にすること 2018年8月20日に掲載したブログのテーマは,「書くべきことを自分の頭の中ではっきりさせる」でした(こちら)。   このブログの中で,技術提案書の内容が明 […]
  • 「全体から詳細へ」の考え方でまとめる「全体から詳細へ」の考え方でまとめる 今回のブログのテーマは,「『全体から詳細へ』の考え方でまとめる」です。「全体から詳細へ」の考え方でまとめた例を2パターン紹介します。   ■例Ⅰ:あることに […]
  • “わかりやすい文書の書き方”の学び方“わかりやすい文書の書き方”の学び方 日経コンストラクションという雑誌があります。日経BP社が発行しています。書店では販売していません。月に2冊送られてきます。JTAPCOブログでもこの日経コンストラクションの記事に […]
  • “研修プログラム7”の追加について“研修プログラム7”の追加について 弊社の研修プログラムの中に研修プログラム7を追加しました。   研修プログラム7は,建設コンサルタント業務等に関する総合評価落札方式対策です。建設コンサルタ […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る