精米機の改良

今回のブログのテーマは,精米機の改良についてです。

家では,玄米を購入しそれを精米して食べています。精米機が故障したのでちょうど1年前に新しい精米機を購入しました新しい精米機は買い替える前の精米機の後継機です。使い方は前の精米機と同じです。

精米機は定期的に掃除をする必要があります。米ぬかが機械の内部にこびりつくためです。これまでは半年に1回程度の頻度で精米機を掃除していました。買い替えた精米機を掃除するのを忘れたため先日購入してから初めて掃除をしました。ちょうど1年使用したあとの掃除です。

今回掃除をして驚いたことがあります。精米機の掃除がしやすくなったことに驚きました。

買い替える前の精米機を掃除するためには数多くの部品を精米機本体から外す必要がありました。しかし,後継機は本体から外す部品が買い替え機より少ないです。精米機の掃除の時間に大差はありませんが,部品を外す・部品を取り付けるという部分の時間が短縮できます。また,精米機の構造も掃除しやすくなっていました。

精米機の使い方は変わっていないのでマイナーチェンジでの改良です。

後継機の掃除をした感想は「これまでより掃除が楽だった」ということです。マイナーチェンジの改良でしたが,「改良してくれてありがとう」という気持ちです。

精米機のマイナーチェンジをした理由はわかりません。精米機のユーザーからの意見かもしれません。あるいは,精米機のメーカーでの社内の意見なのかもしれません。いずれにしても「改良しよう」と決断したメーカーに感謝します。

半年に1回程度行っていた精米機の掃除を数か月に1回程度の間隔に変更しようと思っています。

精米機の一部が改良されただけですが精米機の掃除に対する意識が変わりました。毎日の生活や仕事の中で,何かを改善することで意識が変わることがあるかもしれません。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • カタカナ語(その2)カタカナ語(その2) 前回に引き続き「カタカナ語」をテーマにしたブログを書きます。   カタカナ語を使う理由には2つのパターンがあると思います。これを「ソリューション」と「アウテ […]
  • 情報発信の方法情報発信の方法 今日本は大変な状況になっています。首都圏だけではなく全国で新型コロナウイルス感染症の患者が急増していること,西日本を中心に記録的な大雨になっていることです。 &nb […]
  • 技術士第二次試験対策:今年の受験生は大変技術士第二次試験対策:今年の受験生は大変 技術士第二次試験まで残り2か月になりました。 今年は,新型コロナウイルス感染症の流行で受験勉強の計画の修正を余儀なくされた方も多いと思います。   […]
  • お客様のことを考えるお客様のことを考える 「お客様のことを考える」で思い出すことがあります。   【その1】 私の知り合いが,都内で日本料理の店をやっています。 数年前に友人とその店に行った […]
  • 『絶対に合格する!』という強い気持ちを持つこと(その2)『絶対に合格する!』という強い気持ちを持つこと(その2) 【技術士第二次試験・受験勉強方法の鉄則25】  ◆意識を変える  ◆『絶対に合格する!』という強い気持ちを持つこと(その2)   2018年2月9日 […]

JTAPCO個人解説オンラインセミナー! 好評受付中。

zoomを使いオンラインで解説するマンツーマン形式での解説です(平成4年度に初めて受験される方が対象です)

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る