街頭募金

先日の10月23日(日)の午前中,所沢駅前で「あしなが学生募金」を行っていました。「あしなが学生募金」とは,遺児を支援するための募金運動です。

募金を呼びかける“たすき”をかけた高校生が2つのグループに別れ,駅前を通る人に募金を呼び掛けていました。「募金をお願いします!」という大きな声で一生懸命に募金を呼びかける高校生の前を素通りはできないので募金をしてきました。

募金をしたとき気になることがありました。硬貨を募金箱に入れたとき「ボトン」という鈍い音がしたのです。

これは何を意味するか・・・・・。お金(硬貨)が集まっていれば,募金箱の中に硬貨を入れたときには,「チャリン」という硬貨がぶつかる音がするはずです。「ボトン」という鈍い音は段ボールでできた募金箱の下に硬貨が直接当たったときに出ます。つまり,お金があまり集まっていないということです。

11時過ぎに募金をしました。恐らく9時から10時頃までには募金を始めていたと思います。

すなわち,募金を始めてから私が募金をするまでの間,募金をする人が少ないということだと思います。この募金を呼び掛ける高校生を見ると毎年必ず募金をしていますが,このような「ボトン」という鈍い音を聞くのは今年が初めてではありません。過去に何度も経験しています。

阪神淡路大震災,東日本大震災や熊本地震など大きな災害が発生すると街頭募金が行われます。

一般の支援団体の他にも,スポーツの選手や芸能人が募金活動をすることもあります。これらの人が募金活動をしていることを伝えるニュースを見ることがありますが,多くの人が並んで募金をしています。

このブログで,募金する人=〇,募金しない人=×・・・などということを書くつもりはありません。募金をするかどうかは個人の判断だからです。

でも,「ボトン」という鈍い音を聞いて,「募金って何だろう?」と思いました。

ただ,毎年,私が募金をした後の時間帯では募金をする人が増えるのかもしれませんが・・・・。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る