漢字とひらがなの使い分けについて

漢字とひらがなの使い分けに注意して文書を書いていますか?

今年(2017年)の3月にオーム社さんから出版させていただいた「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう(こちら)」では,「参考 漢字とひらがなの使い分け」という項目を設けました。


使い分けは,「内閣訓令第1号 公用文における漢字使用等について 平成22年11月30日1(2)オ」を基本としました(こちら)。

次のような接続詞は,原則として,仮名で書く。
例)おって,かつ,したがって,ただし,ついては,ところが,ところで,また,ゆえに
ただし,次の4語は,原則として,漢字で書く。
及び,並びに,又は,若しくは,


しかし,拙著の中で書く文は公用文ではないので,拙著の中では「及び,並びに,又は,若しくは」は,ひらがなで書きました。理由は,文の読みやすさを優先したからです。

また,「等」,「上で」あるいは「下さい」などの言葉をひらがなで書くことを基本としました。つまり,「等→など」,「上で→うえで」,「下さい→ください」と書きました。これも文の読みやすさを優先しました。

技術士試験の受験対策本の中で,「漢字とひらがなの使い分けについて」を解説したのは拙著だけだと思います。

他の受験対策本では,漢字とひらがなの使い分けなど,技術士試験の受験対策と無関係だと考えているからだと思います。

その通りです!

しかし,技術士の試験の答案を書く場合でも,「『ひらがな』で書くと文が読みやすくなる」という私の考えを反映させたかったからです。だから,拙著の中で,「参考 漢字とひらがなの使い分け」という項目を設けました。

ここで,「『ひらがな』で書くと文が読みやすくなる」というのは,例えば,「漢字と平仮名の使い分け」に比べて「漢字とひらがなの使い分け」の方が読みやすいという意味です。

文書を書く場合,漢字とひらがなを厳密に使い分ける必要はないと思います。自分の中でのルールに基づき,使い分ければよいと思います。

しかし,同一の文書の中で,例えば,「及び」と「および」を混在して書くのは避けるべきです。すなわち,用字用語の不統一(表記の揺れ)です。

ネットで,漢字とひらがなの使い分けを調べると,参考になるサイトがいろいろあります。

これまで,漢字とひらがなの使い分けに注意しないで文書を書いていた方は,漢字とひらがなの使い分けをサイトで調べたりして,一度,これらの使い分けのルールを決めたらどうですか?

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 視点を変えて文書を書く視点を変えて文書を書く JTAPCOブログには,“発想法”というブログカテゴリがあります(こちら)。 この中で,2016年5月14日(こちら)と2017年8月3日(こちら)のブログのテーマは“視点 […]
  • 「重要な内容は何か?」と考えること「重要な内容は何か?」と考えること 弊社では,横浜市青葉区藤が丘にあるフューチャーベースさんにサイトの作成およびその管理を依頼しています(フューチャーベースさんのサイトはこちら)。 フューチャーベースさんでの […]
  • 相手の立場に立って考える相手の立場に立って考える 調査や設計などの業務を国から受注する場合,技術提案書を提出することがあります。特に,技術力が要求される業務が対象です。 以前,建設コンサルタントに勤務されている方(仮にAさ […]
  • かたまりに分けて書くかたまりに分けて書く 2018年2月12日に掲載したブログのテーマは「河川の堤防が決壊する」でした(こちら)。   このブログの中で以下の問題を出しました。   […]
  • 日本語と英語の語順の違いからわかること日本語と英語の語順の違いからわかること 日本語と英語の語順の違いから,文を短く書く(簡潔に書く)ことの重要性がわかります。   “おじいさんは芝を刈るために山へ出かけた”   […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る