翻訳本・グレートギャツビー

アメリカの小説家のスコット・フィッツジェラルドが執筆した「グレートギャツビー」という小説があります。アメリカ文学を代表する作品の1つです。

何度か映画にもなりました。映画でのタイトルは,「華麗なるギャツビー」です。「ロバート・レッドフォード」や「レオナルドディカプリオ」が,主人公のジェイ・ギャツビーを演じた作品が有名です。

この小説は,以前,野崎孝氏の翻訳本(新潮文庫:こちら)で読みましたが,村上春樹氏の翻訳本(村上春樹翻訳ライブラリー:中央公論新社:こちら)も出版されているので先日読んでみました。

海外の小説を時々読みますが,1つの作品を違った訳者で読むのは初めてでした。感想は,「訳者によって小説の印象が違うなあ・・・」ということです。

野崎孝氏の翻訳は,ゴツゴツした感じです。村上春樹氏の翻訳は,滑らかな感じです。例えば,冒頭の文章を比較してみます。


◆野崎孝氏
「ぼくがまだ年若く,いまよりもっと傷つきやすい心を持っていた時分に,父がある忠告を与えてくれたけど,爾来ぼくは,その忠告を,心の中でくりかえし反芻してきた。」

◆村上春樹氏
「僕がまだ年若く,心に傷を負いやすかったころ,父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉について僕は,ことあるごとに考えをめぐらせてきた。」


原文を読んだことはありませんが,野崎孝氏は原文に忠実に翻訳しているのかもしれません。村上春樹氏は,村上春樹氏の作品のような感じがして,村上春樹ワールドで翻訳しているように思いました。

野崎氏「ぼく・父」・・・村上氏「僕・父親」・・・このような違いも,本を読んだときの印象に影響するのかもしれません。

また,こんな訳の違いもあります。


◆野崎孝氏
「ああ,親友」と,彼は言った。

◆村上春樹氏
「やあ,オールド・スポート」と彼は言った。


これは,「old sport」の訳の違いです。村上春樹氏は,原文をそのまま使っています。「old sport」は,主人公のギャツビーが口癖のように言う言葉です。もともとは,「友よ」のような意味だそうです。

村上春樹氏の翻訳本の「訳者あとがき」で「old sport」について書いていますが,村上氏はこの訳語について20年以上いろいろ考えたそうです。結局,「オールド・スポート」が最適との結論に至ったそうです。

私の場合は,村上春樹氏の「グレートギャツビー」の方が読みやすかったです。

最後に余談・・・

村上春樹”という名前を聞くと(見ると)思い出す場面があります。東京・御茶ノ水にある書泉グランデという大型書店の1階のフロアーです。1985年のことです。

ある日,書泉グランデに本を買いに行くと新刊本が山積みされていました。本のタイトルは「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド:村上春樹著(こちら)」です。そのときまで,村上春樹氏を知りませんでした。

山積みされた本を見ていると,多くの人が手に取り,また,本を購入する人も多かったです。1,800円と高価でしたが,本を購入する人が多かったので,「どんな本だろう?」と思い購入しました。

読み始めたら面白くて一気に読んでしまいました。その時からです。村上春樹氏の小説や随筆などを読むようになったのは。

このブログを書いていると,書泉グランデの1階のフロアーに山積みされた「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」が頭の中にまた出てきました。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 東川の氾濫東川の氾濫 8月22日(月)に台風9号が関東地方に上陸し各地に大雨を降らせました。   所沢でも大雨となりました。ニュースによれば,所沢では1時間雨量が100mm程度の […]
  • 電車通勤電車通勤 弊社は,西武新宿線・航空公園駅の駅前にあります。   航空公園駅の上り側の駅は所沢駅,下り側の駅は新所沢駅です。航空公園駅をはさみ,所沢駅から新所沢駅間の一 […]
  • ちょっとした気配りちょっとした気配り 今回は,「ちょっとした気配り」について書きます。   会社の近くにとんかつ専門店があります。 そこでは弁当も販売しているので,昼食の弁当をときどきその […]
  • 人脈を構築する人脈を構築する 今回は“人脈”をキーワードとしたブログを書きます。   仕事の幅を広げるうえでも仕事を進めるでも人脈の構築が重要です。   弊社では, […]
  • “出社困難”という新たな課題“出社困難”という新たな課題 “出社困難”という言葉を知っていますか?   「“帰宅困難者”という言葉は知っているが“出社困難”という言葉は知らない」という方が多いのではないでしょうか。 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る