技術士第二次試験対策:論文を書くときの基本事項

試験が近づいてきました。そこで,論文を書くときの基本事項をまとめました。

(1)段落に分けて書くときの基本を認識して書く
段落が変わるごとに1字下げて文章を書く,すなわち,改行したら1字下げて文章を書きます。段落とは,長い文章を内容などからいくつかに分けた区切りのことです。改行して段落を分けることは,「ここから,これまで書いてきた内容とは違った内容を書きます」ということを読み手に伝える意味もあります。したがって,例えば,「5行を目安に改行する」というような決まりはありません。書く内容を変えるとき改行します。

(2)1文は72文字以内を目安に書く(短い文を書く)
2022年6月7日2022年6月11日のブログ(短い文で解答を書く)の中で短い文を書くことを説明しました。1文は,答案用紙での3行以内,すなわち,72文字(24文字×3行)以内を目安に書いてください。

(3)誤字を書かない
2022年6月15日のブログ(正しい漢字を書く)を参照してください。

(4)用字用語を統一して書く
用字用語を統一して論文を書いてください。例えば,論文の中に「情報システムの安全対策の向上」「情報システムのセキュリティ対策の向上」の2つが書いてあると,読み手は頭の中が混乱します。「『安全対策』と『セキュリティ対策』を同じ意味で使っているのか,あるいは,これらを違う意味で使っているのか」と思うからです。

(5)文体は常体を使う
文体は,「だ」・「である」(常体)を使ってください。常体で書くと,言い切る語尾になり文に説得力が出ます。

■課題は,津波発生時の避難方法を考えることである(常体)。
■課題は,津波発生時の避難方法を考えることです(敬体)。

(6)用言で終わる文を書く(体言止めの文を書かない)
用言とは,動詞形容詞形用動詞のことです。体言とは,名詞や代名詞のことです。つまり,体言止めの文とは文の最後が名詞や代名詞で終わる文のことです。例えば以下のような文です。

■課題は人材育成。

体言止めで文を書くと歯切れのよい文を書くことができます。しかし,論文では用言で終わる文を書いてください。公式な文は,用言で終わる文で書くからです。

■課題は人材育成である。

ただし,箇条書きの場合には体言止めで書いても構いません。
①工事費の削減
②工事に伴う騒音や振動の低減
③転落事故防止などの工事の安全確保

(7)文法を守って文を書く(主語と述語が一致する文を書く)
主語と述語が一致する文を書いてください。ねじれ文を書かないでください。以下の文を読んでください。

■ラウンドアバウトの特徴の1つは,交差点の中心にある中央島の周囲を回るように車が通行する(×)。

「ラウンドアバウトの特徴の1つは・・・通行する」では主語と述語が一致しません。

■ラウンドアバウトの特徴の1つは,交差点の中心にある中央島の周囲を回るように車が通行することである(〇)。

「ラウンドアバウトの特徴の1つは・・・通行することである」となり,主語と述語が一致します。

常に,「今書いている文の主語は何か?」と考えて文を書いてください。

(8)「以上」と書く
論文の最後には「以上」と書いてください。「以上」の有無と採点結果は無関係です。しかし,「論文はここで終わり」ということを読み手に伝えるためにも「以上」と書いてください。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 天災は忘れた頃来る天災は忘れた頃来る 日経コンストラクション・2019年3月11日号の特集は,「『想定外』を迎え撃て」でした。 *日経コンストラクションについてはこちら。 JTAPCOブログでも,日経 […]
  • これまでに読んだ本から(9冊目):【新版 技術文書のまとめ方(上)】これまでに読んだ本から(9冊目):【新版 技術文書のまとめ方(上)】 今回は,「新版 技術文書のまとめ方(上)」を紹介します。 ◆「新版 技術文書のまとめ方(上):山中秀男著:東洋経済新報社」   これは,先日のブログで […]
  • 技術士第二次試験対策:必須科目の試験対策(リスク管理)技術士第二次試験対策:必須科目の試験対策(リスク管理) 今年度の技術士第二次試験では,必須科目がこれまでの択一式試験から記述式試験に変わります(以下参照)。 仕事でお付き合いのある会社の方が,「今年度の技術士第二次試験で […]
  • 感謝すること感謝すること 今年の夏,コロナ禍の中,東京オリンピック・パラリンピックが開催されました。開催前は懸念事項が多々ありましたが,東京オリンピック・パラリンピックは大きな混乱もなく無事に終わ […]
  • 英語教育と国語力について英語教育と国語力について 先日,以下のようなタイトルの社説が産経新聞に掲載されていました。   「話す」土台の国語鍛えよ   この社説は,全国学力テストでの英語の結果を […]
企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る