わかりにくい案内図

所沢駅西口の駅前の交差点に,以下のような案内板が設置されています(写真①)。「廃道のお知らせ」の案内板です。案内板の中には案内図も表示されています。

案内図を拡大したのが以下の写真です(写真②)。写真②で赤く着色してある道が廃道です。

この案内図は,わかりにくいです。案内図を見る人の立場に立って,この案内図が描かれていないからです。

なぜ,わかりにくいか?・・・それは,案内図の向きが逆だからです(天地が逆)。

再度,写真①を見てください。案内板の奥に信号があります(青信号になっています)。写真①の位置からこの信号の方向に歩くことを考えてください。すなわち,廃道の方向に歩くことを考えてください。

この歩く方向を,写真②の案内図で考えると,上から下に歩く方向になります。すなわち,赤丸の「現在地」と書いてある所から,「ワルツ所沢」と書いてある方向(久米所沢線の方向)に歩くことになります。

そのため,写真①の位置に立って廃道の位置を確認するには,頭の中で案内図を逆にする必要があります。これでは頭の中が混乱します。

しかし,以下の写真(写真③)のような向きで案内図が描かれていたらどうでしょうか。

このような案内図ならば,廃道の位置がすぐにわかります。

写真①の位置から廃道を見る方向と案内図の向きが一致しているからです。このように案内図が描かれていれば,廃道の位置がすぐに確認できます。

久米所沢線の上り方向にも案内板があるはずだと思い久米所沢線に沿って歩くと,「廃道のお知らせ」の案内板がありました。写真①と同じ内容でした。それが,以下に示した写真です(写真④)。

案内図を拡大したのが以下の写真です(写真⑤)。

この案内図では,廃道の位置がすぐにわかります。

写真④の位置から廃道を見る方向と案内図の向きが一致しているからです。このように案内図が描かれていれば,廃道の位置がすぐに確認できます。

写真①のようなわかりにくい案内図になった理由は,北を上にして案内図が描かれているからだと思います。

「北を上にして地図を描くこと」が基本です。しかし,これは,絶対条件ではありません。

今回のような案内板(案内図)は,案内板(案内図)を見る人の立場に立ち,案内図のわかりやすさを優先して設置すべきです。

案内板(案内図)を見る人の立場に立って考えることで,案内図の描き方が変わります。

これは,わかりやすい文書の書き方と同じです。読み手の立場に立って書くことで文書の書き方が変わり,わかりやすい文書が書けます。

ところで,今回テーマとは無関係ですが,わかりやすい表現を見つけました。処方せんに書いてあった内容です。

「特に記載のある場合を除き,交付の日を含めて4日以内に保険薬局に提出すること」

と書いてあります。「交付の日を含めて」と書いてあるのがポイントです。この記載がないと,「交付の日を含まない」と理解する人がいるかもしれません。

薬は,患者さんにとって重要なものです。だからこそ,ここまで気を遣って書いているのかもしれませんが・・・。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る