“「自分は大丈夫だ」と思う心理”と“書き手と読み手の違いの認識”との関係

前回のブログでは,私の叔母が,振り込め詐欺の被害に遭いそうになったこと,知人のお父さんが,交通事故を契機として運転免許証を返納したことを書きました。

どちらの話にも共通しているのは,“「自分は大丈夫だ」と思う心理”でした。

私の叔母は,「自分は振り込め詐欺の被害などには遭わない」という“「自分は大丈夫だ」と思う心理”でした。

知人のお父さんは,「自分は交通事故など起こさない」という“「自分は大丈夫だ」と思う心理”でした。

しかし,どちらの場合も,“自分は大丈夫だ”は,成立しませんでした。

この“「自分は大丈夫だ」と思う心理”は,「書き手と読み手の違いの認識」にも共通することです。

これは,どのような意味かというと・・・・・

「読み手(自分が書いた文書を読む人)も,自分と同じようにこの文書(書き手が書いた文書)の内容を理解しているだろう」と思う書き手の心理が,“「自分は大丈夫だ」”と思う心理”と共通だということです。

つまり,書き手の一方的な思い込みです。ある意味,これは,片思いです。

例えば,業務報告書を書いたときにはその内容を確認すると思います。その確認の視点は,業務報告書に書いた内容の確認だと思います。

「読み手に,業務報告書の内容が明確に伝わるか?」という視点で確認する人はほとんどいないと思います。

このような視点での確認は,以下のようなことが書き手の頭の中にあるからだと思います。

書き手が書いた文書の内容に対する書き手の理解度=書き手が書いた文書の内容に対する読み手の理解度

このような一方的な思い込みは,私の叔母や友人のお父さんのように,“「自分は大丈夫だ」”と思う心理”と共通なものです。

「わかりやすい文書の書き方」のセミナーや社員研修では,時間をかけて,「書き手と読み手の違いの認識」を解説してます。「書き手と読み手の違いの認識すること」は,わかりやすい文書を書くうえで非常に重要だからです。

「わかりやすい文書の書き方」のセミナーや社員研修の終了後に書いていただくアンケートの中で,「書き手と読み手の違いが認識できた」という感想を書く方も多いです。

書き手と読み手の違いの認識は,わかりやすい文書を書くうえで非常に重要なので,2016年11月5日のブログでもこれについて書きました(こちら)。

文書を書くときには,これを読む人(読み手)のことを頭の中に浮かべてください。文書の書き方が変わると思います。

最後に宣伝になりますが・・・・

「書き手と読み手の違い」を学びたいと思った方は,拙著:「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」をご覧になってください(こちら)。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る