クレームは宝の山

「クレームは宝の山」という言葉を聞いたり見たりしたことがあると思います。

先日,ネットでこの言葉が書いてあるコラムを読みました。「クレームは宝の山」をテーマとしたブログを書いたのは,この言葉を見て思い出すことがあったからです。

「クレームは宝の山」とは,以下のような意味です。

お客様からのクレームの中から,商品の改善点が見つかったり,商品開発のヒントが見つかったりすること

弊社では,出張講習会でも弊社主催の講習会でも,講習会の終了後にアンケートを書いていただきます。このアンケートに関するブログも過去に書きました(こちらを参照してください)。

講習会のレベルアップを図るためには,アンケート結果を読み,その結果を次回の講習会に反映させることが重要だと考えています。

これまでも,アンケートに書いたいただいた意見を取り入れ講習会の内容を修正したことがあります。例えば,演習を行うことです。当初,弊社の講習会では演習を行っていませんでした。しかし,一度,試しに演習を取り入れたところ「演習をすることで解説内容がよく理解できた」という意見が多かったので,それ以降,弊社の講習会では必ず演習を行っています。

アンケートに書いていただいたこれまでの意見の中で,非常に印象に残っている意見があります。数年前,ある会社の社内講習会で書いていただいた意見です。

「パワーポイントの色合いが見難いです(白字,黒文字)。まぶしいです」

このアンケート結果を読み,「ハッ」としました。

2006年に,埼玉県技術士会主催の技術士受験講習会での講師を務めて以来この指摘を受けるまで,白の背景に対して黒い文字を使っていました。確かに,この色パターンは見にくいです。目がチカチカします。

そのときまでそのことにまったく気が付きませんでした。予想もしていなかった意見です。ある意味,想定外の意見でした。

その意見を踏まえ色パターンをそのとき以降変えました。現在はルーの背景に対して黒い文字を使っています。修正前より見やすくなったと思います。今のところ,見にくいとの意見がないので,今後もこの色パターンを使う予定です。

クレームとは苦情や注文です。

意見はクレームではないかもしれません。しかし,「意見もクレームの一種」と考えると,この件は,クレームによって商品の改善点が見つかったわけですから,「クレームは宝の山」と解釈できます。

この意見を書いてくださった方に感謝しています。本当にありがとうございました。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • “技術士”という資格の知名度“技術士”という資格の知名度 一般の人々の中で,技術士という資格の知名度は低いです。「技術士って何?」という方がほとんどだと思います。残念ながら・・・   逆に,建設関係,特に土木関係の […]
  • ネットで本を購入することネットで本を購入すること 今月(1月)の初めのニュースウォッチ9(NHK総合テレビ)で,陸上の山縣亮太選手のことが放送されました。 山縣選手の専門は短距離走(100m)です。リオデジャネイロ […]
  • 信頼を失うのは一瞬信頼を失うのは一瞬 今回は,「信頼を失うのは一瞬」をテーマとしたブログです。先日,あるサイトの記事を読んでいたらこの言葉が出てきました。この言葉には思うところがあるので今回はこれをテーマとしました。 […]
  • 段取りを考えること段取りを考えること 2018年10月20日に掲載したブログで私の友人のHさんのことについて書きました(ブログのテーマ:「わかりやすく書くための条件」)(こちら)。   今回のブ […]
  • ツイッターを始めましたツイッターを始めました 弊社では,ツイッターを始めました。JTAPCOブログの更新,文書や文をわかりやすく書くためのポイント,技術士第二次試験の受験勉強方法などをツイートします。 よろしくお願い致 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る